おすすめ日本映画を映画賞から見つける

無名キャストで大ヒット「カメラを止めるな!」キャスト達のその後は?

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

インディーズ映画ながら異例の大ヒットを記録した「カメラを止めるな!」。映画のヒットに合わせて、それまで無名俳優だったキャストたちも注目を集めました。特に、主演クラスの俳優たちは、一気にメジャー級の人気を獲得しています。

では、その後の出演陣はどうなっているのか?気になるそれぞれの現在の活躍をまとめていきます。

「カメラを止めるな!」キャストの現在

真魚:引く手数多の気鋭女優に

主人公の娘でアルバイトADの真央は、作中では個性派ヒロイン的なポジションで話題を集めました。演じた真魚はプロモーションイベントなどにもメインで登場していて、特に話題になったキャストの一人です。

映画のヒットを受けて数十社の芸能事務所からスカウトが来たという彼女は、現在はワタナベエンターテインメントに所属。木村拓哉と二宮和也がW主演した映画「検察側の罪人」に出演するなど、順調にキャリアを重ねています。

しゅはまはるみ:強い個性でテレビ界に進出

日暮の妻で暴走気味の女優・晴美を演じたしゅはまはるみは、ストーリーを大きく動かす役柄で個性を見せました。

その後は味のある演技派女優として、「痛快TV スカッとジャパン」の再現ドラマに準レギュラーで出演しています。さらに、CMで松重豊と夫婦役を演じるなど、テレビを中心に活躍を続けているようです。

竹原芳子(どんぐり):圧倒的なインパクトで大きな話題に

「カメラを止めるな!」の作中での出番は少ないながら、見た目と喋り方の圧倒的なインパクトで「あのおばちゃんは誰!?」と絶大な話題になった竹原芳子。50代からお笑い芸人やアマチュア落語家、女優として活動を始めたという、異色の経歴の持ち主です。

元々は吉本興業に所属していたという彼女ですが、現在は映画学校「映画24区」に所属し、以前使っていた芸名の「どんぐり」名義で活動しています。

出番は数分だけの脇役ながら、映画を観た多くのタレントから言及されたり、「金スマ」「有吉反省会」といった人気バラエティに出演したりと、世の中に残したインパクトは一番強いのではないでしょうか。

濱津隆之:知名度が急上昇したことで生活が困窮……?

「カメラを止めるな!」に欠かせないキャストが、主人公の監督役を演じた濱津隆之です。この映画の顔とも言える存在の彼は、哀愁漂うキャラクターで広く人気を集めて、現在は映画からドラマ、バラエティ、MVまで幅広く出演しています。

ところが、知名度は上がったものの「ギャラは上がらない」という悩みもあるそうで、今もアルバイトで生計を立てて役者活動をする生活を送っているとのこと。俳優としてのスケジュールが忙しくなったことで、むしろバイトのシフトを入れられず生活は苦しくなっているそうです。

これだけ人気が上がりながら収入として還元されないところに、日本のエンタメ界の課題を感じますね。

「カメラを止めるな!」とともに、それぞれ人気が高まって大きなチャンスをつかんだ出演者たち。順調に役者としてのステップを踏んでいるようですが、なかなか上手くいくことばかりではないみたいですね。

彼らが今後どのように活躍していくのか、これからも注目していきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 邦画ファン , 2018 All Rights Reserved.