おすすめ日本映画を映画賞から見つける

2019年カンヌ映画祭ノミネートとパルムドール受賞作品

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

2019年(第72回)のカンヌ映画祭の本選(公式選出)には、日本映画はノミネートしませんでした。

昨年は是枝監督の「万引き家族」でパルムドールを受賞して話題になったでけに残念ですが、是枝監督の次回作「La verite(仮題)」は、出品に間に合わず今年2019年の10月に公開予定となっています。

今回のカンヌ映画祭での日本映画は、開催期間中に独立選出の国際批評家週間の特別招待部門に出品された、富田克也監督の最新作「典座 TENZO」、監督週間の三池崇史の「初恋」と、振付家、吉開菜央の短編監督作「Grand Bouquet」の3作品です。

2019年のカンヌ映画祭コンペティション部門の出品作の特徴は、カンヌ映画祭常連の7人のベテラン監督の作品が多いことです。コンペティション部門の新人は1名Ladj Ly/ラジ・リの「Les miserables(原題)」のみとなりました。


Sponsored Link

2019年カンヌ映画祭パルムドール、他受賞作品

2019年のカンヌ映画祭は5月14日~5月25日まで開催されます。

受賞作品やパルムドールは最終日の5月25日に発表です。

2019年カンヌ映画祭コンペティション部門ノミネート作品

最優秀賞はパルムドールとよばれます。2018年に是枝監督が「万引き家族」で受賞しました。

オープニングは、ジム・ジャームッシュ「死者は死なない(原題)」というゾンビ映画です。この作品を含む19作品がノミネートしています。

またアジアからは、韓国のポン・ジュノ監督の「パラサイト(原題)」と中国のジャオ・イーナン監督の「野鴨の湖(原題)」選出されています。

韓国のポン・ジュノ監督といえば、「殺人の追憶(2004年)」やNetflixで話題になった「オクジャ」で有名な監督です。

>>>「オクジャ」映画概要と感想

  • 「死者は死なない」“The Dead Don’t Die” (原題)
    監督:Jim Jarmusch/ジム・ジャームッシュ(アメリカ)

 

  • 「苦悩と栄光」”Dolor Y Gloria”(原題)
    監督:Pedro Almodóvar/ペドロ・アルモドバル(スペイン)
    出演:ネロペ・クルス、アントニオ・バンデラス

 

  • 「裏切り者」”Il Traditore”(原題)
    監督:Marco Bellocchio/マルコ・ベロッキオ(イタリア)

 

  • 「君達に会えなくてごめん」Sorry We Missed You(原題)
    監督:Ken Loach/ケン・ローチ(イギリス)
  • 「기생충/寄生虫」”Parasite/パラサイト”(英題)
    監督:Bong Joon-ho/ポン・ジュノ(韓国)

 

  • 「アフメド少年」”Le Jeune Ahmed”(原題)
    監督:Jean-Pierre Dardenne, Luc Dardenne/ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ(ベルギー)
  • 「お慈悲を!」“Roubaix, Une Lumiere”(原題)
    監督:Arnaud Desplechin/アルノー・デプレシャン(フランス)
  • 「隠された人生」”A Hidden Life”(原題)
    監督: Terrence Malick/テレンス・マリック(アメリカ、ドイツ)
  • 「南方车站的聚会/野鴨の湖」”The Wild Goose Lake”(英題)
    監督: Diao Yinan/ディアオ・イーナン
  • 「アトランティック」”Atlantique”(原題)
    監督: Mati Diop/マティ・ディオプ(フランス、セネガル)
  • 「マティアスとマクシム」”Matthias & Maxime”(英題)
    監督:Xavier Dolan/グザビエ・ドラン(カナダ)
  • 「リトル・ジョー」”Little Joe”(英題)
    監督:Jessica Hausner/ジェシカ・ハウスナー(オーストリア、ドイツ、アメリカ)
  • 「レ・ミゼラブル」”Les miserables”(原題)
    監督:Ladj Ly/ラジ・リ(フランス)
  • 「夜鷹」Bacurau(原題)
    監督:Kleber Mendonça Filho, Juliano Dornelles/クレベール・メンドンサ・フィリオ、ジュリアノ・ドネルス(ブラジル)
  • 「口笛を吹く人々」The Whistlers(英題)
    監督: Corneliu Porumboiu/コルネリュ・ポルンボユ(ルーマニア、フランス、ドイツ)
  • 「フランキー」Frankie(原題)
    監督:Ira Sachs/アイラ・サックス(アメリカ、フランス、ポルトガル、ベルギー)
  • 「火の娘の肖像」Portrait de la jeune fille en feu(原題)
    監督:Céline Sciamma/セリーヌ・シアマ(フランス)
  • 「天国かもしれない」It Must Be Heaven(原題)
    監督:Elia Suleiman/エリア・スレイマン(フランス、カナダ)
  • 「シビル」Sibyl(原題)
    監督:Justine Triet/ジュスティーヌ・トリエ(フランス)

2019年カンヌ映画祭アウト・オブ・コンペティション部門

公式選出のコンペティション部門とは別に、話題作を集めた部門です。

  • 「Les Plus belles annees d’une vie」映画”男と女”の続編
    監督:クロード・ルルーシュ/Claude Lelouch(フランス)

 

  • 「ロケットマン」“Rocketman”エルトン・ジョンの伝記映画
    監督:デクスター・フレッチャー/Dexter Fletcher(イギリス)

 

  • 「ディエゴ・マラドーナ」“Diego Maradona”マラドーナのドキュメンタリー映画
    監督:アシフ・カパディア/Asif Kapadia(イギリス)

 

  • 「La Belle Époque」
    監督:ニコラ・ブドス/Nicolas Bedos(フランス)
  • Too Old to Die Young – North of Hollywood, West of Hell」TVシリーズEP4,5
    監督:ニコラス・ウィンディング・レフン/Nicolas Winding Refn(アメリカ)

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 邦画ファン , 2019 All Rights Reserved.