「サバイバー:宿命の大統領」から知る評価されるアメリカの”強いリーダー像”

サバイバー:宿命の大統領」では、予想外の悲劇によって誰からも期待されないまま大統領になってしまった主人公トム・カークマンが、リーダーとしてアメリカを立て直していくのがストーリーの主軸になります。

そこで「サバイバー:宿命の大統領」をより楽しむためには、アメリカという国の成り立ちや、その中心にある理念、そして「大統領」という存在の重要性を知っておくと、「サバイバー:宿命の大統領」のストーリーに、より深みが感じられます。なぜドラマの中でトムがこれほど批判を受けながら葛藤していたのか、その心情が、リアルな熱をもって伝わってくるのではないでしょうか。

「サバイバー:宿命の大統領」あらすじ・キャストは>>> こちら

「サバイバー:宿命の大統領」でみるアメリカの「リーダー」としての評価と重要性

アメリカ合衆国においては、「自由を守る」という信念のもとに国民が団結すること、そしてその国民を引っ張る強いリーダーとして「大統領」が存在することが、他の国以上に重視されリーダーとしての評価につながります。

その理由としては、アメリカが建国から250年ほどしか経っていない若い国であること、そして、多数の移民が混ざり合って構成された他民族国家であることが挙げられます。国家として拠りどころになる確固たる歴史や、国民で共有できる民族意識がないからこそ、「独立と自由を重んじて、それを守るために戦う」という精神が、アメリカ国民の結束の源として重要視されます。

そして、その結束の中心になる大統領は、理性的で強く、カリスマ性のあるリーダーとしての資質を求められ、優れた大統領の評価の基準もそこにあります。そんな国民性があるからこそ、ホワイトハウスや大統領をテーマにした作品が、映画・ドラマ問わず人気を集めるのではないでしょうか。「サバイバー:宿命の大統領」がスマッシュヒットを記録した背景には、こうしたお国柄も関わっていると言えます。

大統領の「リーダーとしての資質」が強く問われるストーリー

ドラマではくり上げ当選のようにたまたま大統領になってしまったトムには、国民からもメディアからも、他の政府関係者からも厳しい目が向けられます。そして彼らの批判の通り、トムは大統領としての職務を一生懸命こなそうとするものの、最初はその能力もカリスマ性も、リーダーとしての度胸もあるとは言い難くなっています。

それでも、ストーリーが後半に進むにつれて、トムは段々と、決断力があってどっしり構えたリーダーとしての貫禄を身につけていきます。

「サバイバー:宿命の大統領」は、単なるサスペンスではなく、大統領の「リーダーとしての資質」をテーマにトム・カークマンという一人の男の成長を描いたヒューマンドラマと言える作品です。

こんな記事もどうぞ

  • 邦画「容疑者Xの献身」の原作とは?邦画「容疑者Xの献身」の原作とは? 「容疑者Xの献身」には元ネタとなる原作がある。それが東野圭吾原作の短編小説集「探偵ガリレオ」。その「探偵ガリレオ」では、主人公・湯川学と大学時代の親友で警視庁捜査一課・草薙刑事が […]
  • 映画『メッセージ』に込められた意味とテーマ映画『メッセージ』に込められた意味とテーマ 『メッセージ』は分類的にはSF映画として分類されます。それは地球に宇宙人がやってくる物語だからです。
    しかしそれは表面的な物語であって、実は『メッセージ』のかなには大きく分けて […]
  • 報知映画賞
     報知映画賞は、1976年度からスポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として開催された日本の映画賞のひとつ。邦画の配給収入が洋画を下回り活気を失いつつあった日本映画会を盛り上げた […]
  • ドラマ『家政婦のミタ』おすすめの見どころポイントドラマ『家政婦のミタ』おすすめの見どころポイント 日本テレビの大平プロデューサーと遊川は『家政婦ミタ』を制作する際に、一話完結のドラマにしようと考えていた。一話完結とは、主人公の家政婦が毎回別の家庭に派遣され、問題を解決して歩く […]
  • 日刊スポーツ映画大賞 歴代受賞邦画はコレだ!日刊スポーツ映画大賞 歴代受賞邦画はコレだ!
     
     
    日刊スポーツ映画大賞は、日刊スポーツ新聞社が主催する映画賞で、1988年に設立されました。審査対象となる作品は、日本で劇場公開された優秀な映画とされ […]
  • 『赤ひげ』おすすめ邦画度!『赤ひげ』おすすめ邦画度!

    監督:黒澤明 脚本: 井手雅人,小国英雄,菊島隆三,黒澤明 原作:山本周五郎
    キャスト:三船敏郎, 加山雄三, 山崎努, 杉村春子, […]

コメントを残す