ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』が人気の理由

アメリカで大ヒットしていてるドラマ『THIS IS US 36歳、これから』。シーズン1が放送中にシーズン3までの製作が決定するくらい、異例の大ヒットドラマとなっています。

新しいドラマがたくさん製作されますが、シーズン1で打ち切りになってしまうドラマが多数ある中でこの『THIS IS US 36歳、これから』はなぜ大ヒットしたのでしょうか?

ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』の各エピソードに隠されているサプライズ

このドラマは普通のドラマと違って時系列がバラバラで、現在と過去の話が1つのエピソードの中で一緒に描かれています。最初は何が起こっているのか分からなくても必ずエピソードの最後にそれが繋がっていきます。だから視聴者はつい最後まで見てしまうのでしょう。

シーズン1のエピソード1では全く繋がりのない36歳の男女の話が始まったのかと思っていたら最後に「えっ、この3人は三つ子なんだ!」「この2人の子供がこの3人なんだ!」という風に話が繋がって驚かされます。

毎回こんな感じでサプライズがあるので、エピソードが進むうちに次第に視聴者はそれを楽しみに待っています。しかもエピソードが進んでいくとちょっとずつ謎が溶けていって、この家族のことがよく分かってくるのでこの家族にいつの間にか虜になってしまっています。

『THIS IS US 36歳、これから』は日常を描いた物語

主な登場人物は5人です。両親2人とその子供達3人。どのどの登場人物も人間ぽくって親近感が湧きます。そのため「わかる!」という共感場面が何度もあってドラマなのにリアルに感じてしまいます。
お母さんの子育ての苦労やお父さんたちの仕事での苦労。ダイエットのことや恋愛のことなど、今まで絶対にみんなが経験したことある日常が物語のメインとされています。

普通に考えたら絶対ドラマにはならないような些細な事を取り上げてくれているので、視聴者が共感してしまうのです。そして感動して毎回泣いてしまいます。
メインの登場人物以外にも焦点が当てられているので、必ず自分と似てるかもというキャストがいると思います。

THIS IS US 36歳、これから』シーズン1の最大の謎

アメリカではシーズン2が放送されましたが、日本ではシーズン1が放送されただけでまだシーズン2は放送されていません。そのシーズン1の最大の謎が「お父さんに何があったの?」という事です。
シーズン1で現在ではお父さんが亡くなっていて、お母さんがお父さんの親友と再婚したことだけは分かっています。

でもなぜお父さんが死んだのかは描かれていません。子供達の過去の時代を描いた時にお父さんの死のことは出てくるけど、その理由だったりいつ死んだのかは分からないのです。
どうやらこれはシーズン2で分かるようです。アメリカでそのことが分かったエピソードの時はかなり話題になっていました。
それくらいみんながこのドラマに惹きつけられているっていうことですね。

この謎が解けるシーズン2が日本で放送されるのが待ち遠しいです。

こんな記事もどうぞ

コメントを残す