ドラマ「THIS IS US」あらすじ・キャスト・相関図

THIS IS US 36歳、これから』は2016年にアメリカで放送が始まり大ヒットしたドラマ。
シーズン1放送中に、シーズン2、シーズン3の製作も決まっている。
数々のドラマの賞にノミネートされ、その中でもランダル役のスターリング・K・ブラウンはエミー賞やゴールデングローブ賞で主演男優賞を受賞した。

最近のアメリカのヒットドラマのように派手さや大掛かりなセットなどはないが、誰にでもある物語が共感を呼び、どの世代でも見ることができるドラマとなって大ヒットした。
さらに各エピソードごとに驚かされる展開があったり、泣いてしまう感動エピソードが含まれていることも人気となった理由である。

『THIS IS US 36歳、これから』ドラマ作品情報・キャスト

日本語題名:THIS IS US 36歳、これから
原題:This Is Us(公式サイトはこちら
放送:シーズン1 全18話 (アメリカ放送済み、日本放送済み)2016年9月~2017年3月
シーズン2 全18話 (アメリカ放送済み、日本未放送)2017年9月~2018年3月
シーズン3 全18話 (製作中)
脚本:ダン・フォーゲルマン
出演:マイロ・ヴィンティミリア/マンディ・ムーア/スターリング・K・ブラウン/クリッシー・メッツ/ジャスティン・ハートリー
キャスト・相関図 >>> 20世紀フォックスオフィシャルサイト

IS US 36歳、これから』あらすじ

ジャックとレベッカの夫婦は36歳のジャックの誕生日の日にレベッカが三つ子を出産する。
しかし1人は死産となってしまう。
ちょうどその時、親に捨てられた黒人の男の子がジャックとレベッカの二人の子供の横に寝ていた。ジャックはこれも何かの運命だと思い、黒人の子を引き取りレベッカと一緒に3人の子供を育てて始める。

それから36年後、3人の36歳の誕生日の日。
長男ケヴィンは俳優としてドラマに出演していたが、自分のやりたい役ではなくモヤモヤした日を過ごしていた。妹ケイトはダイエットの日々に明け暮れていた。頑張っても痩せない自分に嫌気がさし彼女もまたモヤモヤした日々を過ごしていた。

一方、二人とは離れたNYに住んでいるランダルは自分の本当の父親を見つけ会いに行く。そして父親に「捨てられたけど自分は立派に育っている」という事を一言いうつもりだったが、なんと自分の家に父親を連れてきてしまっていた。

時間を超えて36歳の時のジャック、レベッカ、ケヴィン、ケイト、ランダルの生活が描かれている。それぞれが誕生日やクリスマスなどをどう過ごしたかを表現しながら、少しずつ過去と現代が繋がり、彼らの成長していく様子を見ることができるドラマ。

 

 

こんな記事もどうぞ

コメントを残す