毎日映画コンクール

 毎日映画コンクールは、毎日新聞社の前身である東京日日新聞が開催した「全日本映画コンクール」を起源とし、第二次大戦によって一時中断されるも、1946年に「毎日映画コンクール」と改称して復活した伝統ある映画賞のひとつです。

 毎日映画コンクールは、「日本の映画産業の振興に寄与し、国民に映画の楽しさを広く伝えるために実施する」という理念のもと創設されたそうです。

1946年、戦後復活を果たした目的は、「荒廃した国土の復興にあえぐ人々を勇気づける一級の娯楽である映画の復興を後押しする」であったとのこと。

 毎日映画コンクールの選考方法は、1月1日から12月31日までに公開されたすべての映画を対象とし、全作品を対象に2段階選考方式を採用。

※「アニメーション」「ドキュメンタリー」両部門は、その年に完成し上映または上映予定の作品も対象として含まれます。

選考委員は、それぞれの選考段階と各賞毎にで映画評論家、映画記者、映画を学ぶ学生などが担当。諮問委員会には名だたる映画関係団体が名を連ねています。

また1976年から一般公募による投票で行う「日本映画ファン賞」(現「TSUTAYAファン賞」)として「日本映画部門」「外国映画部門」の2賞を決定しています。
 

毎日映画コンクール 歴代受賞作品 / 毎日映画コンクールから見つける邦画おすすめ作品

 下線がついた作品名をクリックすると詳細ページへ移動します。

映画賞INDEXで参照する

1946年(第1回)


1947年(第2回)


1948年(第3回)


1949年(第4回)


1950年(第5回)


1951年(第6回)


1952年(第7回)


1953年(第8回)


1954年(第9回)


1955年(第10回)


1956年(第11回)


1957年(第12回)


1958年(第13回)


1959年(第14回)


1960年(第15回)


1961年(第16回)


1962年(第17回)


1963年(第18回)


1964年(第19回)


1965年(第20回)


1966年(第21回)


1967年(第22回)


1968年(第23回)


1969年(第24回)


1970年(第25回)


1971年(第26回)


1972年(第27回)


1973年(第28回)


1974年(第29回)


1975年(第30回)


1976年(第31回)


1977年(第32回)


1978年(第33回)


1979年(第34回)


1980年(第35回)


1981年(第36回)


1982年(第37回)


1983年(第38回)


1984年(第39回)


1985年(第40回)


1986年(第41回)


1987年(第42回)


1988年(第43回)


1989年(第44回)


1990年(第45回)


1991年(第46回)


1992年(第47回)


1993年(第48回)


1994年(第49回)


1995年(第50回)


1996年(第51回)


1997年(第52回)


1998年(第53回)


1999年(第54回)


2000年(第55回)


2001年(第56回)


2002年(第57回)


2003年(第58回)


2004年(第59回)


2005年(第60回)


2006年(第61回)


2007年(第62回)


2008年(第63回)


2009年(第64回)


2010年(第65回)


2011年(第66回)


2012年(第67回)


2013年(第68回)


2014年(第69回)


2015年(第70回)

  • 恋人たち

2016年(第71回)

  • シン・ゴジラ

WOWOW
画質、音質、新しさと圧倒的なクオリティでエンタメが楽しめる。録画可能なのが放送サービスの強みだ。
hulu
海外ドラマと邦画はいまだに強い。dビデオとよく比較されるが画質と使い勝手でhuluに軍配をあげる。
U-NEXT
圧倒的なコンテンツ量。1アカウントで最大4人までサービスを利用できるのはここだけ。

コメントを残す