『砂の女』おすすめ邦画度!

監督:勅使河原宏 脚本: 安部公房 原作:安部公房
キャスト:岡田英次, 岸田今日子

砂の女 あらすじ/解説
砂丘地帯に昆虫採集にやってきた高校教師(岡田英次)は、その砂の穴の中で暮らす後家(岸田今日子)の家に一夜の宿を借りる。しかし、次々とこぼれ落ちる 砂をかきだしているうちに、教師はその穴の中から脱出できなくなっていることに気づき、もがき、そしていつしか後家と情欲で結ばれ、その穴の中に同化して いく…。 (Amazon.co.jpより 抜粋)
管理人ひとくちメモ   

卒業論文のテーマが安部公房小説だったので、砂の女も原作から入りました。原作を読んだ後に観てもまったく違和感がない作品で、原作ともども観終わった後も独特の後味を誘ってくれます。フランス映画が好きな人は嵌るかもしれません。

カンヌ国際映画祭はもとより、米アカデミー賞では外国語映画賞、監督賞にノミネートもされ国際的にも評価の高い作品です。原作、映画いずれも超おすすめな1本です。

指さしアイコン 『砂の女』を無料動画で探してみませんか?

映画賞受賞歴/砂の女

第15回ブルーリボン賞砂の女

  • 作品賞
  • 監督賞:勅使河原宏

第19回毎日映画コンクール砂の女

  • 日本映画大賞
  • 監督賞:勅使河原宏

第38回(1964年)キネマ旬報ベストテン砂の女

  • 第1位

第17回カンヌ国際映画祭砂の女

  • 審査員特別賞

 

WOWOW
画質、音質、新しさと圧倒的なクオリティでエンタメが楽しめる。録画可能なのが放送サービスの強みだ。
hulu
海外ドラマと邦画はいまだに強い。dビデオとよく比較されるが画質と使い勝手でhuluに軍配をあげる。
U-NEXT
圧倒的なコンテンツ量。1アカウントで最大4人までサービスを利用できるのはここだけ。

コメントを残す