『Wの悲劇』おすすめ邦画度!

監督: 澤井信一郎 脚本:荒井晴彦,澤井信一郎 原作:夏樹静子
キャスト:薬師丸ひろ子, 三田佳子, 三田村邦彦, 世良公則, 高木美保

Wの悲劇 あらすじ/解説
劇団海の研究生・静香(薬師丸)は、トップ女優である翔(三田佳子)の愛人が死亡したスキャンダルの張本人となる代償に、演劇「Wの悲劇」で重要な役を得る。
(Amazon.co.jpより 抜粋)
管理人ひとくちメモ  

角川春樹制作の角川映画の中でも傑作といわれる映画のひとつ。「顔はぶたないで!あたし女優なんだから!」、「わたし、おじいさまを殺してしまった!」などのセリフが当時爆発的に流行りました。わたくし的には三田佳子の「女優、女優、女優!勝つか負けるかよ!」というのもかなりインパクトありましたが。
当時無名だった高木美保も新人として出演。薬師丸ひろ子が歌うテーマ曲も爆発的にヒットし、今でもカラオケで歌う方が多いのでは。ちなみに原作とは著しく設定が異なっています。

指さしアイコン 『Wの悲劇』を無料動画で探してみませんか?

映画賞受賞歴/Wの悲劇

第39回毎日映画コンクールWの悲劇

  • 日本映画大賞
  • 脚本賞:荒井晴彦,澤井信一郎
  • 女優助演賞:三田佳子

第27回ブルーリボン賞Wの悲劇

  • 主演女優賞:薬師丸ひろ子
  • 女優助演賞:三田佳子

第10回報知映画賞Wの悲劇

  • 女優助演賞:三田佳子

第58回(1984年)キネマ旬報ベストテンWの悲劇

  • 第2位

 

WOWOW
画質、音質、新しさと圧倒的なクオリティでエンタメが楽しめる。録画可能なのが放送サービスの強みだ。
hulu
海外ドラマと邦画はいまだに強い。dビデオとよく比較されるが画質と使い勝手でhuluに軍配をあげる。
U-NEXT
圧倒的なコンテンツ量。1アカウントで最大4人までサービスを利用できるのはここだけ。

コメントを残す