報知映画賞

 報知映画賞は、1976年度からスポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として開催された日本の映画賞のひとつ。邦画の配給収入が洋画を下回り活気を失いつつあった日本映画会を盛り上げたいという映画担当記者達の願いから始まったといわれています。

報知映画賞の審査対象期間は、前年12月1日から当該年11月30日までの期間、首都圏において有料で1週間以上公開、あるいは公開予定の新作とされています。

第1回の選考会参加者には、作家・池波正太郎氏、つかこうへい氏、映画評論家・品田雄吉氏ら14氏に加え、本紙映画担当記者4人が参加したといわれ、映画賞開設した主催者側の熱き思いが感じられます。

報知映画賞の選考方法の特徴としては、読者投票が選考に加わること。読者投票の上位を基本にして、報知映画賞事務局と選考委員の1名が、個人部門最大10人、 作品部門最大20本のノミネートを選出。あらかじめ事前ノミネートで、報知新聞社の映画担当記者と映画評論家などの外部選考委員が、 その年を代表するに最もふさわしい作品・役者・監督を決定しているそうです。

読者投票については、毎年10月ごろから11月中旬にかけて、報知新聞紙面や報知ホームページ、Cinem@Hochi、協賛社ホームページ、 専用投票用紙などで報知映画賞事務局が認める投票方法で一般投票の実施を行っているとのことですので、邦画ファンとしては自分の意を反映するいい機会であるかもしれません。

報知映画賞 歴代受賞作品 / 報知映画賞から見つける邦画おすすめ作品

 下線がついた作品名をクリックすると詳細ページへ移動します。

映画賞INDEXで参照する

1976年(第1回)


1977年(第2回)


1978年(第3回)


1979年(第4回)


1980年(第5回)


1981年(第6回)


1982年(第7回)


1983年(第8回)


1984年(第9回)


1985年(第10回)


1986年(第11回)


1987年(第12回)


1988年(第13回)


1989年(第14回)


1990年(第15回)


1991年(第16回)


1992年(第17回)

1993年(第18回)


1994年(第19回)


1995年(第20回)


1996年(第21回)


1997年(第22回)


1998年(第23回)


1999年(第24回)


2000年(第25回)


2001年(第26回)


2002年(第27回)


2003年(第28回)


2004年(第29回)


2005年(第30回)


2006年(第31回)


2007年(第32回)


2008年(第33回)


2009年(第34回)


2010年(第35回)


2011年(第36回)


2012年(第37回)


2013年(第38回)


2014年(第39回)


2015年(第40回)


2016年(第41回)

  • 湯を沸かすほどの熱い愛

2017年(第42回)

  • あゝ、荒野

こんな記事もどうぞ

  • 東京スポーツ映画大賞東京スポーツ映画大賞
     
    東京スポーツ映画大賞は、東京スポーツ新聞社が主催する映画賞で、1991年に設立されました。通常の映画祭にある作品賞や俳優賞のみならず、「許しがたい作品賞」や「無念 […]
  • 日刊スポーツ映画大賞 歴代受賞邦画はコレだ!日刊スポーツ映画大賞 歴代受賞邦画はコレだ!
     
     
    日刊スポーツ映画大賞は、日刊スポーツ新聞社が主催する映画賞で、1988年に設立されました。審査対象となる作品は、日本で劇場公開された優秀な映画とされ […]
  • ブルーリボン賞 ブルーリボン賞は、1950年に創設され、1967年に一度廃止されるも1975年に復活した歴史ある映画賞です。特徴としては、現場の第一線で取材に当たっている記者たちが選考する映画賞 […]
  • 東京国際映画祭2018オープニング話題作と日本映画(コンペティション部門)東京国際映画祭2018オープニング話題作と日本映画(コンペティション部門) 今年で31回目を迎える「東京東京国際映画祭」2018年10月25日~11月3日(土)まで開催されます。日本で開催される映画祭の中では唯一、国際映画製作者連盟の公認映画祭で、さまざ […]
  • ドラマ『家政婦のミタ』おすすめの見どころポイントドラマ『家政婦のミタ』おすすめの見どころポイント 日本テレビの大平プロデューサーと遊川は『家政婦ミタ』を制作する際に、一話完結のドラマにしようと考えていた。一話完結とは、主人公の家政婦が毎回別の家庭に派遣され、問題を解決して歩く […]
  • 映画『メッセージ』に込められた意味とテーマ映画『メッセージ』に込められた意味とテーマ 『メッセージ』は分類的にはSF映画として分類されます。それは地球に宇宙人がやってくる物語だからです。
    しかしそれは表面的な物語であって、実は『メッセージ』のかなには大きく分けて […]

コメントを残す