日刊スポーツ映画大賞 歴代受賞邦画はコレだ!

 

 

日刊スポーツ映画大賞は、日刊スポーツ新聞社が主催する映画賞で、1988年に設立されました。審査対象となる作品は、日本で劇場公開された優秀な映画とされていて、毎年12月にホテルニューオータニで授賞式が開催されています。

また、日刊スポーツ映画大賞に併設される賞として石原裕次郎賞石原裕次郎新人賞があります。いずれも1987年に亡くなった日本を代表する映画俳優石原裕次郎の意志を引きついた賞とされ、石原プロモーションがその運営に全面的に協力しています。

選考は、映画に精通する一般選考委員会と日刊スポーツ選考委員が担当。各々の割合は8:2くらいとされています。

日刊スポーツ映画大賞  歴代受賞作品 / 日刊スポーツ映画大賞から探すおすすめ邦画

 下線がついた作品名をクリックすると詳細ページへ移動します。

映画賞INDEXで参照する

1988年(第1回)


1989年(第2回)


1990年(第3回)


1991年(第4回)


1992年(第5回)


1993年(第6回)


1994年(第7回)


1995年(第8回)


1996年(第9回)


1997年(第10回)


1998年(第11回)


1999年(第12回)


2000年(第13回)


2001年(第14回)


2002年(第15回)


2003年(第16回)


2004年(第17回)


2005年(第18回)


2006年(第19回)


2007年(第20回)


2008年(第21回)


2009年(第22回)


2010年(第23回)


2011年(第24回)


2012年(第25回)


2013年(第26回)


2014年(第27回)


2015年(第28回)


2016年(第29回)

  • 64-ロクヨン-

2017年(第30回)

  • あゝ、荒野

こんな記事もどうぞ

  • 東京スポーツ映画大賞東京スポーツ映画大賞
     
    東京スポーツ映画大賞は、東京スポーツ新聞社が主催する映画賞で、1991年に設立されました。通常の映画祭にある作品賞や俳優賞のみならず、「許しがたい作品賞」や「無念 […]
  • 報知映画賞
     報知映画賞は、1976年度からスポーツ新聞が単独開催する初の映画賞として開催された日本の映画賞のひとつ。邦画の配給収入が洋画を下回り活気を失いつつあった日本映画会を盛り上げた […]
  • ブルーリボン賞 ブルーリボン賞は、1950年に創設され、1967年に一度廃止されるも1975年に復活した歴史ある映画賞です。特徴としては、現場の第一線で取材に当たっている記者たちが選考する映画賞 […]
  • 話題の映画が無料!さらにゴジラに会える2018年の東京国際映画祭話題の映画が無料!さらにゴジラに会える2018年の東京国際映画祭 018年の東京国際映画祭は話題の映画が無料でみれる、かなりうれしい国内最大の映画祭です。10月25日(木)~11月3日(土)の開催期間中に「野外上映」と呼ばれる部門では、テーマに […]
  • 東京国際映画祭2018オープニング話題作と日本映画(コンペティション部門)東京国際映画祭2018オープニング話題作と日本映画(コンペティション部門) 今年で31回目を迎える「東京東京国際映画祭」2018年10月25日~11月3日(土)まで開催されます。日本で開催される映画祭の中では唯一、国際映画製作者連盟の公認映画祭で、さまざ […]
  • 邦画「容疑者Xの献身」の原作とは?邦画「容疑者Xの献身」の原作とは? 「容疑者Xの献身」には元ネタとなる原作がある。それが東野圭吾原作の短編小説集「探偵ガリレオ」。その「探偵ガリレオ」では、主人公・湯川学と大学時代の親友で警視庁捜査一課・草薙刑事が […]

コメントを残す