映画「いま、会いにゆきます」あらすじ・キャスト

映画「いま、会いにゆきます」は市川拓司による同名のファンタジー恋愛小説が原作の映画です。2004年に竹内結子・中村獅童主演で映画化がされました。
この物語のベースは小説原作作者による自身の体験がベースであり、舞台は埼玉となっています。この映画で竹内結子は第28回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞を受賞しています。

「いま、会いにゆきます」の作品情報・キャスト

題名:いま、会いにゆきます(2004年)
監督:土井裕泰
脚本: 岡田惠和「ビーチボーイズ」「ひよっこ」
原作: 市川拓司『いま、会いにゆきます』
音楽:松谷卓
キャスト:竹内結子,中村獅童,大塚ちひろ,市川実日子
リメイク:「지금 만나러 갑니다(いま、会いにゆきます)」韓国 2018年

映画「いま、会いにゆきます」あらすじ

秋穂巧は一面前の梅雨の時期、最愛の妻である雫を亡くし息子の佑司とその傷が癒えぬまま暮らしていました。雫は無くなる前「一年たったら梅雨の時期に戻ってくる」と巧に伝えており、その言葉通り一年後の梅雨の時期に、雫は巧と拓司のすべての記憶を亡くした状態で二人の目の前に現れたのです。

記憶を亡くした彼女を巧がほおっておくわけもなく、この日から3人による奇妙な共同生活となぜ雫は二人の前に現れたのかを知ることとなります。

こんな記事もどうぞ

コメントを残す