映画「メッセージ」の概要・あらすじ 原作からの投げかけ

2016年に公開された映画でSF映画ですが、テーマはとても深いものとなっています。
アカデミー賞には8部門でノミネートされ、音響編集賞で受賞しました。
日本では公開前のポスターで真ん中に写っている宇宙船が、お菓子のばかうけに似ているという事で話題にもなっていました。映画の原作のタイトル「あなたの人生の物語」通り、この作品では人生をどう生きるのかという事が問いかけられています。「WHY ARE THEY HERE?」彼らが伝えようとしていることは何なのか?最後まで考えさせられる作品です。

「メッセージ」映画概要・原作

題名:メッセージ
英語題名:Arrival
原作:テッド・チャン「あなたの人生の物語」
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:エイミー・アダムス/ジェレミー・レナー/フォレスト・ウィテカー/マイケル・スタールバーグ

「メッセージ」あらすじ

言語学者のルイーズ・バンクスは娘を病気で失ってしまいます。大切に育てた娘だったので、ルイーズはなかなかそのショックから立ち直れませんでした。
しかしそんな時、世界に12の宇宙船がやってきました。アメリカ政府はルイーズに宇宙人の言語を解読する任務を頼みます。そしてルイーズとともに物理学者のイアンが宇宙人の言語の分析を始めます。

最初は言葉でコミュニケーションをとろうとしますが、難しいと気がつき、文字を使ってコミュニケーションを取る事にしました。ルイーズは宇宙人とコミュニケーションを取りながらも、何度も亡くなった娘のことを夢の中で思い出していました。
宇宙人とやりとりの中で、宇宙人がなぜ地球にやってきたのかを調査して行くうちに、次第にルイーズは宇宙人との距離を縮めていました。

そんなある日、軍の1人が宇宙人に対して地球を征服するかもしれないと思い、爆弾を仕掛けます。それに気がつかず、ルイーズとイアンは宇宙人会い調査を進めていましたが、爆弾が爆発してしまいます。その瞬間2体いた宇宙人の1体は2人を助けてくれたのでした。

宇宙人のおかげで、ルイーズとイアンは助かりますが宇宙人に対する調査はできなくなっていました。しかも中国が宇宙船に対して攻撃をすることを決めてしまいます。そんな時ルイーズは宇宙船の下に行くと、宇宙船からカプセルが降りてきます。
ルイーズはそのカプセルに乗り、宇宙人ともじを使ってコミュニケーションを取ります。
そしてその時にある事実に気がついたのでした。

一見宇宙人とのコミュニケーションの話だと思いがちですが、この映画のテーマはそこではありません。ルイーズが選ばれた事にも意味があり、ラストに驚きの展開が待っていて思わず「そういう事」と声が出そうになってしまいます。最後まで見ないと全てがわからない「メッセージ」。

ぜひ「メッセージ」に隠されて壮大なテーマと向き合って欲しいなと思います。

こんな記事もどうぞ

コメントを残す