おすすめ日本映画を映画賞から見つける

『Dolls』おすすめ邦画度!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

監督:北野武 脚本:北野武
キャスト:菅野美穂, 西島秀俊, 三橋達也, 松原智恵子, 深田恭子

Dolls あらすじ/解説

本の赤い紐に結ばれ、あてもなくさまよう男と女、迫り来る死期を悟った老境のヤクザと彼をひたすら待ち続ける女、事故で人気の絶頂から転落したアイドルと、そんな彼女を慕い続ける孤独な青年…。 (Amazon.co.jpより 抜粋)

管理人ひとくちメモ   

第59回ヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門正式出品作。日本ではそんなに高い評価は得られなかったものの、ロシアでは大ヒットし、およそ2年に及ぶロングランとなった映画。北野武監督いわく「これまで一番、最も暴力的な映画である」と。映像美を評価する方が多い作品でもあります。暗い映画ですが、個人的には嫌いではありません。ストーリーで魅せる映画が好きな方にはおすすめできない作品かもしれません。

映画賞受賞歴/Dolls

第12回東京スポーツ映画大賞/Dolls

  • 作品賞
  • 助演女優賞菅野美穂

第27回報知映画賞Dolls

  • 助演女優賞菅野美穂

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 邦画ファン , 2011 All Rights Reserved.