綾瀬はるか主演映画「今夜、ロマンス劇場で」が泣ける、、。あらすじ公開

綾瀬はるかの映画「今夜、ロマンス劇場で」の監督は、テレビドラマ「電車男」などを手掛け5回のザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した経験のある竹内英樹です。映画「テルマエ・ロマエ」も竹内英樹監督作品ですが、この作品で音楽を担当した住友紀入は、「テルマエ・ロマエ」でも音楽を担当しています。

主題歌は、シェネルの「奇跡」です。

この映画は興行収入10億円を超えたヒット作品でありモニター試写会の満足度が、91.5%となっています。深雪の衣装も見どころで映画で着ていた衣装は25着になります。モノクロ映画のお姫様衣装や昭和時代のファッションも同時に楽しめる作品になっています。

>>> 「今夜、ロマンス劇場で」ロケ地は?

また、ラストの展開が、よく練り込まれていて脚本の素晴らしさも感じる。

綾瀬はるか主演映画「今夜、ロマンス劇場で」概要

日本語題名:今夜、ロマンス劇場で(2018年2月)公式サイト
監督:竹内 英樹
脚本:宇山 佳佑
音楽:住友 紀入
主題歌:シェネル「奇跡」
キャスト:綾瀬はるか/坂口健太郎/本田翼/北村一輝/中尾明慶/石橋杏奈/西岡徳馬/柄本明/加藤剛

「今夜、ロマンス劇場で」あらすじ

京映で助監督をしている牧野健司の楽しみは、ロマンス劇場でモノクロ映画を観る事だった。友達の山中伸太郎が、女性と遊ぼうと誘っても断りロマンス劇場に通う理由は、モノクロ映画の出演しているお姫様の深雪に恋をしているからだ。

ある日、ロマンス劇場で深雪の映画を観ようとしていると映画館主の本多正から深雪のフィルムを売却すると聞かされる。売却の話に戸惑いながらも健司は、深雪のフィルムをロマンス劇場で観ていると停電になる。
そして、電気が、ついたときには、モノクロ姿の深雪が、登場した。

憧れていた深雪に出会えて喜ぶ健司だったが、深雪は、かなりのじゃじゃ馬お姫様で「しもべ」と呼ばれたり叩かれたりと健司は、振り回される。それでも深雪と一緒にいるのが、楽しい健司は、いろいろな場所に二人で訪れる。

そして、健司は、深雪にプロポーズをしようとするが、深雪から「温もりに触れると消えてしまう。」と聞かされて躊躇する。深雪を愛しているけれど触れられないというジレンマを抱える健司。深雪も健司を愛しているけれど触れられないなら他の女性と結婚したほうが、よいのではと考えていた。

健司と深雪のプラトニックな純愛が、素敵な作品になっています。

こんな記事もどうぞ

コメントを残す