映画『座頭市』あらすじ・キャストからのおすすめ度

映画『座頭市』のイチオシは、何と言ってもビートたけしさん演じる市の殺陣と圧倒的な強さです。特に、終盤で銀蔵一家を壊滅に追い込むシーンでは、杖に仕込んでいる刀を逆手持ちのまま、一瞬で斬り倒して行きます。その殺陣に無駄は無く、まさに本作のキャッチコピーのとおり、最強であると言えるでしょう。

一方、CGで斬られた腕が飛んだり、刀が貫通して血が飛び散るなどやや刺激的なシーンが一部ありますので、そう言うのが苦手な人は少しだけ注意が必要です。

しかし、本作品は、ただ血なまぐさいだけでは無く、各所にコメディ要素が多く見られたり、大工の仕事が一定のリズムで音楽を構成していたりするなど、エンターテイメントとして十分に楽しめる作品に仕上がっています。

映画「座頭市」の作品情報・キャスト

題名:座頭市(2003年)
原作:子母沢寛
監督:北野武
脚本:北野武
音楽:鈴木慶一
キャスト:ビートたけし, 浅野忠信, 大楠道代, 夏川結衣, ガダルカナル・タカ,岸部一徳

映画「座頭市」あらすじ

盲目の居合の達人、市がとある宿場町を訪れる。その町は銀蔵一家によって支配をされており、街の住人はいつも苦しめられていた。そんな時、市は、按摩や巻き割りなどの仕事をしながら、おうめの家で世話になる事になる。そしてある晩、賭博場でおうめの甥、新吉と知り合う。博打で勝った市と新吉は、2人の芸者を雇いますが、その姉妹は小さい頃に強盗に一家を殺害されており、その仇を探しているとの事だった。

再び市と新吉が銀蔵一家の仕切る賭博場で博打をしてたが、市はイカサマを見抜き、その賭場にいたやくざを皆殺しにしてしまう。芸者姉妹の家族を皆殺しにした強盗と、銀蔵一家が関わっている事が分かり、2人は銀蔵一家に乗り込む。
しかし、一方では、市の隠れ家がおうめの家である事が銀蔵一家にばれて、おうめの家は焼き払われてしまう。そして、銀蔵一家に乗り込んだ姉妹は窮地に追い込まれるが、そこに市が現れ、1人で銀蔵一家のやくざを全員倒し、用心棒の服部も市に斬られて、銀蔵一家は壊滅に追い込まれた。

その後、市は酒場を隠れ蓑にしていた本当の銀蔵一家の親分の所に向かいますが、市は、その親分を殺さず両目だけを横一文字に斬り、宿場町を去って行った。

映画「座頭市」おすすめ度 ★★★

観客動員数は国内200万人と北野映画の中では最大のヒット作となった作品。勝新太郎の代表作「座頭市シリーズ」を題材にしているものの「盲目の居合抜きの達人」という設定以外は、まったく関連がないオリジナル作品。賛否両論意見が分かれている映画です。

指さしアイコン 『座頭市』を無料動画で探してみませんか?

映画賞受賞歴/座頭市

第12回東京スポーツ映画大賞/座頭市

  • 作品賞
  • 監督賞:北野武
  • 主演男優賞:ビートたけし
  • 助演男優賞:岸部一徳
  • 助演女優賞:大楠道代

第58回毎日映画コンクール座頭市

  • 日本映画優秀賞
  • 男優助演賞:柄本明
  • 女優助演賞:大楠道代

第27回日本アカデミー賞座頭市

  • 優秀作品賞
  • 優秀助演男優賞浅野忠信
  • 優秀助演女優賞大楠道代

第46回ブルーリボン賞座頭市

  • 優秀助演女優賞大楠道代

第16回日刊スポーツ映画大賞/座頭市

  • 監督賞:北野武

第77回(2003年)キネマ旬報ベストテン座頭市

  • 第7位

 

こんな記事もどうぞ

コメントを残す