ドラマ『家政婦のミタ』主演・松嶋菜々子のプロフィールと出演作

ドラマ「家政婦のミタ」で三田灯を演じた松嶋菜々子は1973年生まれ、神奈川県出身、高校生の頃はモデルをしていた。その後、NHKの連続テレビ小説『ひまわり』で主役に抜てきされる。大手電機メーカーのCMイメージキャラクター「きれいなおねえさん」を務め注目を集めた。

ドラマでは『GTO』、『救急救命病棟』『やまとなでしこ』、映画『リング』『藁の楯』『祈りの幕が下りる時』など数々の作品に出演し、私生活ではドラマ『GTO』で共演した反町隆史と結婚、二児の母でもある。結婚後もきれいなお姉さんのイメージを維持しており、好感度の高い美人女優である。

脚本家・遊川は、「家政婦は中高年女性」というイメージをぶち破り、あえて主婦らしさが感じられない松嶋菜々子を起用した。遊川の予想を上回る熱演を見せた松嶋に対し、称賛の言葉を贈っている。

松嶋菜々子の主な出演作品

① 1996年:NHKの連続テレビ小説『ひまわり』

松嶋演じる主人公・のぞみが司法試験に挑戦し、弁護士として成長していく姿が描かれている。共演者に夏木マリ、三宅裕司、上川隆也など

② 1998年:映画『リング』

人気作家・鈴木光司の同名作品を映画化したもので、ホラー映画としてヒットを飛ばした。松嶋菜々子の初主演作で、シングルマザーの浅川玲子役を演じた。共演者には真田広之、中谷美紀、竹内結子など。

③ 1998年:関西テレビ制作・フジテレビ系ドラマ『GTO』

原作は藤沢とおるの同名漫画で遊川和彦が脚本を手掛け、大ヒットを飛ばした。元不良の高校教師が、校内にはびこるイジメや暴力問題を解決していく物語である。松嶋はヒロイン役の冬月あずさを演じ、主演の教師役は後に夫となる反町隆史である。

④ 2000年:フジテレビドラマ『やまとなでしこ』

主演の客室乗務員・神野桜子を松嶋が演じ、平均視聴率26.4%、最高視聴率34.2%を記録する大ヒットドラマとなった。玉の輿結婚を夢見る神野桜子が真実の愛を見つけるまでのストーリーが描かれている。共演者に堤真一、矢田亜希子、筧利夫など。

⑤ 2018年:映画『祈りの幕が下りる時』

東野圭吾原作『新参者シリーズ・祈りの幕が下りる時』を映画化した作品。松嶋は、事件に深くかかわる女性脚本家・浅居博美を演じ、その演技力と美しさが評判となった。主演は阿部寛、溝端淳平、キムラ緑子など。

美しさと実力を兼ね備えた女優・松嶋菜々子。結婚・出産後は様々な役柄にチャレンジしており、益々活躍が期待される。

ドラマ『家政婦のミタ』キャストとプロフィール

家政婦のミタ』では恵一役の長谷川博已のほか、4人の子役もそれぞれ注目を集めた。ミタの出演がきっかけで、映画やドラマの主役をつかんだキャストも多く、今後の活躍が期待される。

「家政婦のミタ」 のキャスト阿須田家一同のプロフィールとその後

長谷川 博已:阿須田 恵一役

1997年東京都八王子市出身。家政婦のミタでは、部下と不倫をして妻を自殺させてしまう頼りない父親を演じている。長谷川自身は未婚で子供もいないが、頼りになる父親として成長していく恵一を熱演し、助演男優賞を受賞している。俳優として注目を集めた長谷川は、2016年『シンゴジラ』、2018年『NHK連続テレビ小説まんぷく』に出演。2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』で主人公の明智光秀役を演じる。

忽那 汐里:阿須田 結役

高校生でしっかり者の長女を演じた。1992年オーストラリア生まれの帰国子女。国民的美少女コンテストで特別賞を受賞しモデルや女優と幅広く活躍している。3年B組金八先生、ドラマ版名探偵コナンの毛利蘭役、2018年に公開予定のアメリカ映画『Deadpool』にも出演している。

中川 大志:阿須田 翔役

バラバラになった家族をなんとかまとめようとするが、空回りしてしまう長男を演じている。
TBS1月期連続ドラマ『賭ケグルイ』映画『虹色デイズ』で主演。2018年公開4月期連続ドラマでは、『花のち晴れ~花男 Next Season~』に出演している。

綾部 守人:阿須田 海斗役

凪子を思う気持ちが強い次男役を演じている。2012年には『僕の夏休み』という映画で主演を務めている。

本田 望結:阿須田 希衣役

母を思い出していつも泣いている幼稚園児の末っ子で、ミタと心を通わせ る大切な役どころを演じ注目された。本田望結は2004年生まれ、京都府出身、子役とフィギュアスケート選手の顔を持っており、姉もフィギュアスケート選手として活躍。2017年には初主演ドラマ『探偵少女アリサの事件簿』に主演を果たした。

母の自殺、学校や友人の悩みを抱えた子供という難しい役柄を見事に演じた4人の子役達と長谷川には、ドラマや映画、CMなどのオファーが殺到した。それだけ、視聴者に影響力を与えたドラマであると言える。まだ観ていない方にはぜひオススメしたい。

もう一度見たい、まだ見ていないという方は動画配信サービス『hulu』で見れます。今なら“2週間無料トライアル”で見放題です。huluは日テレ系、洋画、海外ドラマのジャンルが多いので、ついでに気になる映画、ドラマも見れます。

詳しくは>>> 「映画・ドラマを思いっきり楽しむための“見放題”動画配信サービス」で

ドラマ『家政婦のミタ』おすすめの見どころポイント

日本テレビの大平プロデューサーと遊川は『家政婦ミタ』を制作する際に、一話完結のドラマにしようと考えていた。一話完結とは、主人公の家政婦が毎回別の家庭に派遣され、問題を解決して歩くというもの。

しかし、家庭の問題が短時間で簡単に解決するはずがないと判断した大平と遊川は、壊れていた一家族の絆が徐々に繋がり再生して行くという構成に変更した。その結果、視聴者は阿須田家と三田灯がトラウマを徐々に乗り越えていく様子をゆっくり観ることができ、立ち直るヒントを得られるドラマとなった。まさにこのドラマ『家政婦のミタ』テーマは家族の再生といえる。

ドラマ『家政婦のミタ』の見どころ

知っていればドラマの見方が変わる、楽しめるちょっとした見どころポイント

① ミタは常に地味な黒系統の服装に身を包んでおり、無表情で全く笑わない。また、自分の後ろに人が立つことを恐れるため何か事情があると感じられ視聴者の興味を引く。ミタは家事一切を完璧にこなす有能な家政婦で、持参のバッグからは必要な品が何でも出てくるという小ネタがある。

② ミタは阿須田家からの頼みに対し「それは業務命令でしょうか?」と問いかける。業務命令であれば「承知しました。」と引き受け、偽装誘拐、いじめっ子退治、悪評ビラ配りなどを実行する。結果的にはどれも失敗に終わるが、家族には言えない悩みが明らかになり皆で解決しようとする雰囲気が生まれている。また、ミタの「承知しました。」というセリフは視聴者の間で話題となりブームになった。

③ 母・凪子の死因は、恵一の浮気を苦にした入水自殺。この事実を知った子供達と恵一の親子関係は最悪なものとなる。頼りなくてダメ父の恵一がミタや子供達とかかわるうちに、父親として成長していく。その姿は、人は変わる、成長できると教えている。

④ ミタは亡くなった夫や息子との思い出に浸るため、休日になると同じ遊園地の決まった場所に座り続ける。夫や息子の死の責任を親族から押し付けられ苦しむミタを今度は阿須田家が励まそうと立ち上がる。阿須田家と一緒に食卓を囲んだミタが封印した笑顔を見せるシーンでは、穏やかな曲調のバックミュージックが流れており家族の再生が成功したことを印象付けている。

⑤ うららは恵一と子供達のことを大切に思い、阿須田家の一員になりたいと思っているが言い出せない。そんなうららの気持ちを見抜いたミタは、子供達から嫌われるように仕向けて阿須田家を去っていく。特に、希衣とのラストシーンには多くの視聴者が涙し、40%の視聴率を叩き出した。

ドラマ「家政婦のミタ」は動画配信サービスhuluで

『家政婦のミタ』からは、「今は苦しくても少しずつ立ち直っていこう、自分と家族を守るために強く生きよう」というメッセージが伝わってきます。様々なトラウマに悩んでいてもいつかは再生できるという希望が感じられる感動的なドラマだと思います。ぜひ、見て欲しいおすすめドラマです。

もう一度見たい、まだ見ていないという方は動画配信サービス『hulu』で見れます。今なら“2週間無料トライアル”で見放題です。huluは日テレ系、洋画、海外ドラマのジャンルが多いので、ついでに気になる映画、ドラマも見れます。

詳しくは>>> 「映画・ドラマを思いっきり楽しむための“見放題”動画配信サービス」で

ドラマ「シグナル」からみる韓国原作と日本リメイク版の関係

現在フジテレビで放送中(2018年4月ドラマ)のドラマ『シグナルがいろいろな意味で注目です。日本リメイク版として原作は韓国の同タイトルドラマ「シグナル」です。韓国では2016年に放送されると人気・社会的反響ともに大きく、同年ヒットした「太陽の末裔」と人気を2分したドラマです。

このドラマは作品が高く評価され数々の賞をとり、出演者の評価を高めただけでなく脚本家(作家)キム・ウニの作品の中で最高傑作といえる秀作となっています。このドラマは単なるサスペンスドラマではなく、事件に関わる人々の人間性や過去と未来(現在)がリンクすることで世の中に与える影響はどうなるのか?という社会的テーマとなっています。
>>>原作韓国ドラマ「シグナル」の詳細はこちら

日本リメイク版「シグナル」への期待度

その原作の評判を受けての今回の日本リメイクドラマなので、否が応でも期待が高まります。主役のプロファイラーが坂口健太郎(ドラマ初主演)で過去にトラウマを抱え、それが彼の警察官としての立場に複雑な影響をあたえる役どころをどのように演じるのか。またドラマのテーマを語る上で重要になる過去の刑事役を北村一樹がどのように表現するか、ドラマの進行の中でも見逃せない要素となりそうです。

日本⇔韓国のリメイク版作品はドラマ制作の社会的、文化的背景が違ってくるため視聴者に支持や共感を得るのが難しいとされています。また原作ドラマを知る人はその世界観をもってリメイク版をみるため、評価が厳しいこともあります。

今回のリメイク版『シグナル』はまだ始まったばかりですが、これまでは原作とほぼ変わらず演出されています。今後ドラマが進むにつれて、各人物の人間性が次第に描きだされ過去との関わりが深くなるにつれて、どのような演出や演技が見られるか楽しみなドラマです。

ドラマ「シグナル」と他、日韓リメイクドラマの奇妙な関係が興味深い!

『シグナル』以外でもこれまで韓国のドラマが日本でリメイクされたことは何度もあり、最近では「記憶~愛する人へ~→記憶(2018年)」「ごめん、愛してる→同タイトル(2017年)」「未生(ミセン)→HOPE~期待ゼロの新入社員~(2016年)」「美男(イケメン)ですね→同タイトル(2011年)」が記憶に新しいですよね。

今回の日本リメイク版「シグナル」の主演は坂口健太郎ですが、彼は「ごめん、愛してる」ではピアニストとして主役の長瀬智也と共演していました。また「シグナル」はフジテレビ系で放送されていますが、「記憶」「HOPE」もフジテレビ系、「ごめん、愛してる」「美男ですね」は共にTBS系での放送となっています。

韓国ドラマの「シグナル」のキム・ウォンソク監督は「未生ミセン」も手掛けていて、この『未生』も韓国でシンドロームを引き起こした作品として高い評価を得ています。そして韓国ドラマ「シグナル」の主演イ・ジェフンは当初「未生」(主演:イム・シワン)の主演依頼をもらったというトリビアもあります。さらに『記憶』には「未生」で高評価を得たオ課長を演じるイ・ソンミンが主役を演じ日本版ドラマの主演中井貴一と共演をしています。
これら「シグナル」「記憶」「未生ミセン」はいずれも韓国のケーブルテレビtvNが制作したドラマです。
>>> ドラマ「未生ミセン」を知る
>>> 原作韓国ドラマ「シグナル」をもっと知る

これらの原作ドラマとリメイクドラマを見るとドラマのしりとりのような奇妙な重なりが見えて興味深いです。たぶんねらったわけではないでしょうが、、。
原作を知りつつリメイク版を見るのもなかなかおもしろいものですよ。

>>> 見逃し日本版「シグナル」は無料お試し【FODプレミアム】 <<<

日本版リメイクドラマ「シグナル」あらすじ・キャスト・原作

2018年4月の火曜ドラマとして「シグナル-長期未解決事件捜査班-」がフジテレビ系で放送されてます。

このドラマは韓国の同名タイトル「シグナル」のリメイク版となっています。主演に坂口健太郎、パートナーの女性刑事役に吉瀬美津子がキャスティングされ周りの俳優陣も個性派ぞろいとなっています。ドラマではサスペンスだけでなく、それぞれ個人と事件との関わりや人間性も描かれるため、主役を演じる坂口健太郎と他の出演者とのケミストリーがドラマの完成度を高めるポイントとなるドラマです。

韓国のオリジナルドラマは演技、作品の完成度共に高い評価や視聴者の支持を集めただけに、日本のみならず韓国でもリメイク版として期待されている注目のドラマです。

日本リメイク版「シグナル」ドラマ情報と原作

日本版タイトル:シグナル 長期未解決事件捜査班
原作:시그널(シグナル)韓国2016年
原作脚本:キム・ウニ
演出:内片輝、鈴木浩介
脚本:尾崎将也(「特命係長 只野仁」「梅ちゃん先生」)
主題歌:防弾少年団(BTS)Don’t Leave Me
キャスト:坂口健太郎、北村一輝、吉瀬美智子、木村祐一、池田鉄洋、甲本雅裕、渡部篤郎

ドラマ「シグナル」のあらすじ

城西警察署勤務の三枝健人(坂口健太郎)は幼少期に自分の同級生の殺人事件や兄の人生を変える事件のトラウマから警察に対して疑心暗鬼になっていた。
そんな時、廃棄物の中から音が漏れる古い無線機を発見し自宅に持ち帰る。夜11時23分、突然その無線機から過去の事件についての報告が聞こえてきた。それは三枝と同級生の少女が誘拐され殺害された未解決事件の捜査報告だった。まさかとは疑いつつも、実在する現場へ足を運ぶと無線の報告通り誘拐事件に関連する白骨化死体を発見し、再捜査が始まることになる。事件の解決はみせたが、この未解決事件は時効の壁を超えることができず、無念な思いを残す結果となった。

そして8年後、アメリカでプロファイリングの研修を受けて帰国した三枝はその経験を活かし警視庁の「未解決捜査班」で過去の事件の再捜査に関わることになる。その捜査班には誘拐事件で再捜査にあった女性刑事桜井美咲(吉瀬美智子)も配属されていた。

過去の未解決事件の再捜査を始動する未解決事件捜査チームは警察組織と事件に関わる人達の間で、過去とつながる謎の無線機を通して時空を超えた様々なドラマが展開していく。

ドラマ「モンテ・クリスト伯」あらすじ・キャスト

2018年4月の木曜ドラマとして「モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-」がフジテレビ系で放送されます。
主演の紫門暖を演じるのは逆輸入俳優としてブレイク中のディーン・フジオカをはじめ悪役初挑戦の高橋克典、脇を固めるのが関ジャニの大倉忠義山本美月、若手注目俳優・高杉真宙とキャストの演技がみのもです。

このドラマはタイトルが示すように原作はフランスの小説「モンテ・クリスト伯」で、日本では「岩窟王」として知られ、復讐劇がメインテーマとなっています。
日本のみならず本家フランスや海外でも幾度となくドラマや映画化されている作品です。

「モンテ・クリスト伯」ドラマ情報と原作

タイトル:モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-
原作:モンテ・クリスト伯(Le Comte de Monte-Cristo)フランス1844年
アレクサンドル・デュマ(Alexandre Dumas)
演出:西谷弘(「昼顔」「ガリレオ」「刑事ゆがみ」)、野田悠介
脚本:黒岩勉(「僕のヤバイ妻」「ようこそ、わが家へ」)
主題歌:DEAN FUJIOKA『echo』
キャスト:ディーン・フジオカ、大倉忠義、山本美月、高杉真宙、高橋克典
フジテレビ公式サイトより)

「モンテ・クリスト伯」のあらすじ

今回のドラマ「モンテ・クリスト伯」は舞台と背景を日本の現代に変えて起こる“復讐劇”となっています。そこでドラマの原作であらすじを追っていきたいと思います。

フランス、ルイ18世の統治のころ1815年ナポレオン・ボナパルトは皇位から失脚しエルバ島へ流されていたが、脱出を試みていた。時を同じくしてマルセイユの若い船乗りエドモン・ダンテスは美しいメルセデスと婚約し、船長への昇格を約束されていた。しかし友人の嫉妬による裏切りからナポレオンの再上陸(百日天下)の共謀者として婚約披露パーティーの最中に逮捕され政治犯が収容されるイフ城へ収監され生涯出られないようにされる。

孤独と絶望の中、無為の日々を送っていたダンテスは、隣の独房に投獄されていたファリア神父と出会う。その神父と話すうちにダンテスは自分の身の上に起こったことを理解し、自分を陥れた友人たちに復讐することを決意する。

無知無学のダンテスはファリア神父に学問を教えてもらい一流紳士へと変貌する。しかし神父は病にたおれ、その時ダンテスは密かにモンテクリスト島に隠された財宝の在りかを託される。やがてダンテスはイフ城からの脱出に成功し、モンテクリフト島の財宝を手に入れる。
投獄からすでに14年の長い年月が経っていたが、友人の裏切りやこれまでのこと、自分を陥れた友人達の現在を知る。そして復讐の準備に9年もの歳月をかけイタリアの貴族「モンテ・クリフト伯爵」として富と権力、知恵を駆使して友人達に復讐を仕掛ける。

ドラマ詳細は>>> 「とれたてフジテレビ」でも紹介