映画『GO』あらすじ・キャストからのおすすめ度

映画『GO』は、金城一紀原作は直木賞受賞作品。非常に評価が割れている映画で、原作より映画がいいとする意見と駄作とバッサリ切る意見と様々。松任谷由実やミスチルの桜井和寿がかなり評価している邦画作品です。

主人公の杉原を熱演している、若き日の窪塚洋介が格好良いい!一見すると暴力的で自由気ままに生きているようですが、意外にも勉強熱心で心優しい一面を持ち合わせているのも魅力的です。頑固一徹な父親の秀吉と、拳をぶつけ合いながら心を通わすシーンが迫力満点です。また原作者であり自身も朝鮮籍から韓国籍へと変更した過去を持つ金城一紀が小説に込めたメッセージを、体当たりで表現していてのが感動的。

朝鮮学校から日本の高校へと転校した過去や、在日韓国人としてのアイデンティティーに対して思い悩む姿には胸を打たれました。柴咲コウ扮する桜井に、全てを打ち明ける場面が印象的な映画です。

映画「GO」の作品情報・キャスト

題名:GO(2001年)
原作:小説「GO」金城一紀(2000年)
監督:行定勲
脚本:宮藤官九郎
主題歌:The Kaleidoscope「幸せのありか -theme of GO」
キャスト:窪塚洋介、柴咲コウ、山崎努、大竹しのぶ

映画「GO」 あらすじ

在日韓国人の杉原はかつては朝鮮学校に通っていたが、現在は日本の学校に在籍する高校3年生の男子生徒。
父親譲りのボクシングのセンスと元来の性格から、ケンカに明け暮れる毎日を送っていた。クラスメイトの加藤は父親が反社会的勢力に所属していることもあり、何かと気の合う友人でいつも杉原とつるんでいた。

ある時、加藤が開いたパーティーで、杉原は美しくもどこか陰りを帯びた眼差しの少女・桜井と出会う。彼女の純真無垢な振る舞いや言葉に惹きつけられていく杉原は、自暴自棄に生きてきた自分自身の生きざまを見つめ直していく。

そんなある日のこと、杉原にとっては朝鮮学校時代の親友であるジョンイルが殺害される事件が発生する。在日韓国人と地元の日本人たちの対立が深まっていく中で、杉原は自らの出生を桜井に打ち明けました。突然の告白に戸惑いを隠すことが出来ない桜井は、杉原の前から姿を消してしまう。1度は離れ離れになっていくふたりを、意外な出来事が結び付けていく。

映画「GO」おすすめ度 ★★★

「在日」という社会的なテーマを、少年少女の恋愛模様を通して描き出していくところが斬新な作品。過去の過ちや痛みを乗り越えて、お互いを理解し合うことについて考えさせられる。
歴史が動き始めている今の時代だからこそ、若い世代の方たちには是非とも見て頂きたい作品となっている。

映画賞受賞歴/GO

第26回報知映画賞GO

  • 作品賞
  • 主演男優賞:窪塚洋介
  • 助演男優賞:山崎努
  • 助演女優賞:柴咲コウ

第56回毎日映画コンクールGO

  • 日本映画優秀賞
  • 脚本賞:宮藤官九郎

第44回ブルーリボン賞/GO

  • 監督賞:行定勲
  • 助演男優賞:山崎努
  • 新人賞:柴咲コウ

第25回日本アカデミー賞/GO

  • 優秀作品賞
  • 最優秀監督賞:行定勲
  • 最優秀脚本賞:宮藤官九郎
  • 最優秀主演男優賞:窪塚洋介
  • 最優秀助演男優賞:山崎努
  • 最優秀助演女優賞:柴咲コウ

第14回日刊スポーツ映画大賞/GO

  • 監督賞:行定勲

第11回東京スポーツ映画大賞/GO

  • 監督賞:行定勲
  • 新人賞:柴咲コウ

第75回(2001年)キネマ旬報ベストテン/GO

  • 第1位

 

こんな記事もどうぞ

コメントを残す