「BG~身辺警護人~」あらすじ・キャスト 評価上々で続編が希望された木村拓哉主演ドラマ

木村拓哉が、丸腰で戦う身辺警護人として活躍するドラマ。キャストには、江口洋介や上川達也など豪華な俳優陣が揃った。脚本は、「マチベン」で第25回向田邦子賞も受賞した井上由美子である。木村拓哉主演のドラマ脚本は、「ギフト」「エンジン」「GOODLUCK!!」でも担当している。

ドラマの視聴率は、2桁をキープして最終話では17.3%の高視聴率となる。主演が木村拓哉という事もあり視聴率でも話題になった。今回のドラマでは木村拓哉の演技の重厚さにドラマに共感する人も多かった。

ドラマでは、各話に特別ゲストが登場しており話題になった。最終話では、矢沢永吉が、超VIPクライアントとして登場した。ドラマの最終回では続編の待望も出て人気ぶりをみせた。

「BG~身辺警護人~」ドラマ概要

題名:BG~身辺警護人~
監督:常廣 丈太(テレビ朝日)、七髙 剛
ゼネラルプロデューサー:内山 聖子、三輪 裕見子
プロデューサー:川島 誠史(テレビ朝日)、秋山 貴人(テレビ朝日)
脚本:井上 由美子
制作:テレビ朝日
出演:木村拓哉/江口洋介/齋藤工/菜々緒/間宮祥太朗/石田ゆり子/上川達也

「BG~身辺警護人~」あらすじ

島崎章は、工事現場の警備員として働いていた。かつては、サッカー選手の河野純也のボデイガードとして活躍していたが、子供を庇うために河野純也の警備が、おろそかになり怪我をさせたことからボデイガードの仕事を辞めていた。

しかし、勤務先の日ノ出警備保障に身辺警護課が、新設され配属されることになる。武器を持たずに丸腰で戦う事になった身辺警護課のメンバーは、依頼をこなすうちに絆を強くする。そんな身辺警護課の存在を警視庁のSPは、こころよく思っていなかった。

一方、厚生労働大臣の立原愛子は、島崎の働きぶりから個人的に身辺警護を依頼するまでになる。そして、身辺警護課のメンバーも意欲的に仕事をしていた時に、民事党幹事長の元秘書が、おこした事件が、身辺警護課に一大事をおこす。

ドラマの中で身辺警護課のメンバー同士で言い合う「誤差無し」のセリフが、印象的な作品である。

こんな記事もどうぞ

コメントを残す