映画「幸せのレシピ」あらすじ・キャスト

映画「幸せのレシピ」は2007年リメイク版として上映されたアメリカ映画。原作は、ドイツ映画の「マーサの幸せレシピ(2001年)」となっている。
ハリウッドでリメイクされた「幸せのレシピ」は、人気レストランの料理長を務めるキャリアウーマンの女性が、思いがけない出来事をきっかけに新しい自分を見つけ出すという、ハートウォーミングなラブストーリーとなっている。

「幸せのレシピ」映画概要

日本語題名:幸せのレシピ(2007年)
英語題名:No Reservations(2007年)
脚本:キャロル・フックス
演出:スコット・ヒックス
出演:キャサリン・ゼダ=ジョーンズ、アーロン・エッカート、アビゲイル・ブレスリン、パトリシア・クラークソン、アリヤ・バレイキス

>> Amazinプライムビデオで公開中/無料お試しで見る <<

映画「幸せのレシピ」あらすじ

主人公は、マンハッタンの高級レストランで料理長を務める完璧主義で独善的な、人付き合いがあまり得意ではない、シェフのケイト。

ある日、娘を連れてケイトの元へ向かっていた姉が交通事故に遭い、娘のゾーイは助かったものの姉は亡くなってしまう。ケイトは、生前姉からゾーイの事を託されており、姪のゾーイを引き取ることになる。レストランをしばらく休み、ゾーイと暮らし始めるケイトだが、子供との接し方が分からず、ゾーイは母親を失ったショックから心を閉ざし、2人の生活はうまくいかない。

一方、ケイト不在中のレストランでは、ケイトと正反対の性格のニックが副料理長として新たに雇われることとなっていた。良いベビーシッターも見つからずゾーイをレストランへ連れて行くと、ケイト不在中に雇われることになったニックがゾーイと打ちとけている姿を見て、ケイトはゾーイとの接し方を学んでいく。

初め、ケイトはニックを毛嫌いしていたが、ゾーイを通して徐々に打ち解けていった。人と上手く接する事の出来ないケイトと、人当たりのいいニック、お母さんを失った悲しみを持つゾーイは、それぞれ困難を乗り越え成長していく姿を描いたハートフルストーリー。

 

こんな記事もどうぞ

コメントを残す