新感覚!ブラックユーモア満載のおすすめ映画Netflix「ヒットマンズ・ボディーガード」

騒々しいキンケイドと、シュールな表情が印象的なブライス。凸凹な2人の濃すぎるキャラクターによって「ヒットマンズ・ボディーガード」のストーリーは、ブラックジョークとコミカルなかけ合いが止まらないアクションコメディに仕上がっています。ケビン・コスナー主演の「ボディーガード」のパロディです。不謹慎でスリリングで、ちょっぴりグロテスクな笑いを楽しみたい方には、イチオシの傑作です。

Netflix「ヒットマンズ・ボディーガード」概要

 

題名:ヒットマンズ・ボディーガード(2017年アメリカ)
原題:The Hitman’s Bodyguard
監督:パトリック・ヒューズ
キャスト:ライアン・レイノルズ、サミュエル・L・ジャクソン、ゲイリー・オールドマン、エロディ・ユン

「ヒットマンズ・ボディーガード」あらすじ

かつて一流ボディーガードだったブライス(ライアン・レイノルズ)は、護衛対象を殺し屋のキンケイド(サミュエル・L・ジャクソン)に暗殺されてしまったことで自信を喪失し、それ以降は二流以下の仕事を無気力にこなす日々を送っていた。

同じ頃、ベラルーシの独裁者デュコビッチ(ゲイリー・オールドマン)の虐殺行為を証明して裁くため、国際司法裁判所は事件の唯一の証人であるキンケイドの証言を得ようとする。

既に逮捕・収監されていたキンケイドは裁判で証言するため、インターポールの精鋭チームによって護送されるが、デュコビッチの手下たちがキンケイドの証言を封じるために護送チームを襲撃。キンケイドとともに唯一襲撃を生き延びた捜査官ルーセル(エロディ・ユン)は、元恋人でもあるブライスにキンケイド護送の手助けを依頼する。

天敵同士ともいえるブライスとキンケイドは、いがみ合いながらも協力して国際司法裁判所を目指していく。ところが、その行く手にはデュコビッチの妨害や様々なトラブルが待ち構えていて……

「ヒットマンズ・ボディーガード」の物騒でややこしい珍道中

「ヒットマンズ・ボディーガード」では、「一流の殺し屋を、一流のボディーガードが護衛する」という、かつてないストーリーが描かれます。しかもその2人は、過去に何度も命のやり取りをした「天敵」とも呼べる関係性なので、事態はさらにややこしくなっています。

殺し屋のキンケイドは「自分の身は自分で守れる」と言い張って隙あらばブライスを攻撃しようとし、一方のブライスも護衛対象のキンケイドを全く信用できない……という状況で、護衛する側とされる側が一触即発という、物騒すぎるシチュエーションです。

そんな状態で2人が国際司法裁判所を目指すので、その道中が平和なわけがありません。デュコビッチの手下たちの追撃も合わさって、次から次に血なまぐさい戦いが巻き起こります。

「ヒットマンズ・ボディーガード」中のコミカルなやり取りは爆笑必至

「いがみ合いながら旅する殺し屋とボディーガード&それをつけ狙うマフィア集団」という、かなり危険な構図でストーリーが進む「ヒットマンズ・ボディーガード」。ですが、そのノリは真剣な戦いがくり広げられているとは思えないくらい軽くて、思わず吹き出す場面も何度もあります。

口の減らないキンケイドと終始ダウナーなブライスのコミカルなやり取りには、最初から最後まで爆笑必至です。この2人のゆるい雰囲気のおかげで、命をかけた戦いのシーンですらブラックな笑いに変わっています。

アクションに驚いて、登場人物たちの騒がしい言い合いに笑っていたら、あっという間に上映時間の2時間弱が過ぎてしまうこと間違いなしです。

こんな記事もどうぞ

コメントを残す