「サバイバー:宿命の大統領」キャストは本当のホワイトハウス職員?意外な経歴のキャスト

確かな実力を持った俳優が並び、緊張感のあるリアルなサスペンスをくり広げる「サバイバー:宿命の大統領」。人間ドラマも魅力のひとつとなっているこのドラマでは、それぞれの登場人物が見せる表情や、ひとつひとつのセリフ、各キャラクターの関係性の変化なども大きな見どころです。

「サバイバー:宿命の大統領」の主演は、「24 -TWENTY FOUR-」のジャック・バウアー役でおなじみのキーファー・サザーランドです。主役で有名スターの彼に注目が集まりがちですが、他の役にも、実績のある実力派俳優が並んでいます。

Netflixオリジナル「サバイバー:宿命の大統領」概要

題名:サバイバー:宿命の大統領(2016年シリーズ1、2017年シリーズ2)
原題:Designated Survivor
製作総指揮:マーク・ゴードン
キャスト:キーファー・サザーランド、ナターシャ・マケルホーン、マギー・Q、エイダン・カント

「サバイバー:宿命の大統領」あらすじ

政治家のトム・カークマン(キーファー・サザーランド)は、住宅都市開発長官として閣僚の一人を務めているものの、大統領との対立が続き、ついには長官の解任と左遷が決まるという不遇な立場にあった。

国にとって重要な一般教書演説の日も、トムは万が一のために現職閣僚の一人が議事堂から離れた場所で待機するという「指定生存者」に選ばれ、事実上の締め出しを受けていた。

ところが、一般教書演説の最中に議事堂が爆破され、その場にいた全ての閣僚や議員たちが死亡するという恐るべきテロが発生。唯一生存している閣僚となったトムは、大統領に就任することとなる。

急に責任重大な職務に就いてうろたえながらも、トムはアーロン(エイダン・カント)やエミリー(イタリア・リッチ)、セス(カル・ペン)といった部下たちや、妻で弁護士のアレックス(ナターシャ・マケルホーン)に支えられながら使命を果たしていく。

一方で、FBI捜査官のハンナ(マギー・Q)は議事堂爆破テロについて捜査を進めるうちに、テロの裏に隠された恐るべき真実を知っていくことになる。

「サバイバー:宿命の大統領」のリアルなホワイトハウスを知る驚きのキャストが!

どのキャストも確かな実績を持っていますが、その中でも異色の経歴を持つ俳優、カル・ペンに注目です。

「サバイバー:宿命の大統領」では、大統領の演説原稿を考えるスピーチライターと広報官を兼任するという重要なポジションのセス・ライトを演じたカル・ペン。そんな彼は、なんとオバマ政権下の2009年から2011年まで、ホワイトハウスの広報部に勤務していました。

この職歴がキャスティングに影響したのかどうかは不明ですが、ホワイトハウス広報部で働いたカル・ペンが大統領の広報官役を演じるというのは、不思議な運命を感じますね。

ちなみに、カル・ペンは「24 -TWENTY FOUR-」のシーズン6でテロリスト役として出演しており、キーファー・サザーランドとはこれが2度目の共演となっています。

実力派俳優が脇を固めるキャスティング

「サバイバー:宿命の大統領」の主演は、「24 -TWENTY FOUR-」のジャック・バウアー役でおなじみのキーファー・サザーランドです。主役で有名スターの彼に注目が集まりがちですが、他の役にも、実績のある実力派俳優が並んでいます。

ナターシャ・マケルホーン/Natascha McElhone

1969年12月14生まれ イギリス出身
Embed from Getty Images
まずは、トムの一番近くから彼を支えていく彼の妻、アレックスです。彼女を演じたナターシャ・マケルホーンは、「トゥルーマン・ショー」でジム・キャリーと共演し、「ソラリス」でジョージ・クルーニーと共演するなど、様々なヒット作で重要なポジションを務めてきました。落ち着いた雰囲気を感じさせる、知的な美女です。

エイダン・カント/Adan Canto

1981年12月5日生まれ メキシコ出身
Embed from Getty Images
次に、トムを仕事の面でサポートしていく側近の一人アーロンを演じた、エイダン・カントにも注目です。カントはスマッシュヒットしたサスペンスドラマ「ザ・フォロウィング」でレギュラーを務め、「X-MEN: フューチャー&パスト」にも出演するなど、期待の若手イケメン俳優として密かに注目を集めています。

マギー・Q/Maggie Q

1979年5月22日生まれ ハワイ出身
Embed from Getty Images
また、このドラマの第二の主人公とも言えるFBI捜査官ハンナを、「ダイ・ハード4.0」や「ミッション:インポッシブルⅢ」、「ダイバージェント」などで知られるマギー・Qが演じています。スタイリッシュでクールな東洋系美女のマギー・Qは、「戦うFBI捜査官」という役柄にぴったりですね。

主演のキーファー・サザーランド以外にも、キャストの一人ひとりに注目して観てみるのも面白いですよ。

こんな記事もどうぞ

コメントを残す