おすすめ日本映画を映画賞から見つける

『踊る大捜査線 THE MOVIE』あらすじ・キャストからのおすすめ度

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「踊る大捜査線」はドラマシリーズから警察組織内部の縦割り構造やしがらみをシリアスかつコミカルに描いてきましたが、映画『踊る大捜査線 THE MOVIE』ではより事件性を強めて描いている印象で、サスペンス要素が多く含まれています。踊る大捜査線がただコミカルな作品というけではなく、根っこの部分に狂気のようなものを宿していることが猟奇的殺人犯の描写からも見て取れ、犯人役に小泉今日子をキャスティングするというのも斬新でした。しかもそんな猟奇的殺人犯の役を見事に演じきっている小泉今日子の存在感が素晴らしい。

青島と和久の関係性であったり、犯罪というものよりシリアスに描いている様子は映画「セブン」の香りも感じられて、一見すると王道のような雰囲気ですがよく見ると結構生々しくダークな雰囲気も醸し出されているところが踊る大捜査線の魅力となっています。
3つの事件が同時進行で発生する本作ですが、脚本的にも良くまとまっていてコメディとシリアスのバランスも良く、青島が危機的な状況に陥るラストシーンまでテンポよく楽しむことができる作品です。

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」の作品情報・キャスト

題名:踊る大捜査線 THE MOVIE(1998年)
副題:湾岸署史上最悪の3日間!
監督:本広克行
脚本:君塚良一
主題歌:織田裕二「Love Somebody [CINEMA Version] 」
キャスト:織田裕二、柳葉敏郎、深津絵里、いかりや長介

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE 」あらすじ

主人公・青島俊作が勤務する湾岸署管内で水死体が発見される。死体の胃袋にはクマのぬいぐるみが詰め込まれているという変死体で、事件として捜査をはじめるが、時を同じくして誘拐事件が発生する。
しかも誘拐されたのは警視庁副総監であり、本庁のキャリア組は湾岸署内に特別捜査本部を設置して事件の捜査を行なうが、所轄の刑事には捜査情報を与えてもらえず、回ってくる仕事は雑用ばかり。

同時に複数の事件が発生するなか、さらにもうひとつ湾岸署内での窃盗事件まで発生してしまいます。本庁が誘拐事件の捜査をしている間に変死体事件の手がかりをつかみ、捜査に乗り出す青島たちだったが、犯人と接触するというときに誘拐犯からの電話がかかってくる。付近に電話をかけている怪しい人物はいないかと警戒している一瞬の隙に、変死体事件の犯人が待ち合わせをしていた捜査員の腕を切りつけ逃亡してしまう。

その後、誘拐犯の電話から聞こえた音声から青島の声が入っていることが確認され、青島は犯人の顔を見ている可能性があるとして夜通し犯罪者リストを見させられることになる。寝不足で応接室に倒れるように眠り込んだ青島が悲鳴を聞いて起き上がると、変死体事件の犯人が湾岸署内で銃を構えていた。
誘拐・猟奇的殺人・窃盗の3つの事件が重なり合い、物語は進行していく。

映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」 おすすめ数 ★★★★

映画版の1作目。インパクトも面白さも個人的にはNO.1ですかね。ドラマのテイストもちゃんといきています。何度見ても面白いです。

映画賞受賞歴/踊る大捜査線 THE MOVIE

第22回日本アカデミー賞/踊る大捜査線 THE MOVIE

  • 最優秀助演男優賞:いかりや長介

第53回毎日映画コンクール/踊る大捜査線 THE MOVIE

  • 日本映画ファン賞

第72回キネマ旬報ベスト・テン/踊る大捜査線 THE MOVIE

  • 日本映画ベスト・テン第3位
[colored_bg color=”light‐blue” corner=”r”] 指さしアイコン 『踊る大捜査線 THE MOVIE』を無料動画で探してみませんか?
[right_link image=”arrow1-g” url=”/movie-drama-videoservice/” target=”blank”]探してみたい方はこちらから[/right_link] [/colored_bg]
この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 邦画ファン , 2016 All Rights Reserved.