『ナイロン100℃「わが闇」』おすすめ演劇度!

作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
キャスト:犬山イヌコ 岡田義徳 坂井真紀

2013年に結成20周年を迎えた劇団「ナイロン100℃」の、ケラリーノ・サンドロヴィッチの代表作。母の死から家族に亀裂が入りながらも生きていく3人姉妹を描く。

2013年に結成20周年を迎えた劇団「ナイロン100℃」の歴史の中で、作・演出のケラリーノ・サンドロヴィッチにとって“転換点”となった代表作を独占放送。

3人姉妹と小説家の父、そして母という5人を軸に、誰もが共感する家族の物語と、人間に潜む“闇”を描く人間ドラマだ。母の死、父と長女の確執など、細かい亀裂が入りながらも3姉妹はそれぞれの時間を生きていく。
WOWOWより引用

ナイロン100℃「わが闇」 あらすじ

柏木家の3姉妹、長女・立子(犬山イヌコ)、2つ下の次女・艶子(峯村リエ)、さらに3つ下の三女・類子(坂井真紀)は、都心から離れた古びた一軒家で暮らしていた。

ある日、小説家の父・伸彦(廣川三憲)と神経質な母・基子(松永玲子)が別居することになり、姉妹は心を痛めることに。数年後、別居していた基子が復縁を望み柏木家に帰ってくる。だが、夫の心が別の女性に移っていることを察し、半狂乱のまま自害してしまう。

それから20年、10歳のときに小説が入選し、天才少女ともてはやされた立子は39歳となり、発表する作品はどれも精彩を欠いていた。艶子のみ結婚していたが、家を飛び出した類子は東京で女優となり、連絡が途絶えていた。

一方、伸彦は2番目の妻が姿を消してすぐに倒れ、自宅療養の日々。それぞれ悩みや問題を抱える中、伸彦のドキュメンタリー映画を撮るべく、スタッフの滝本(岡田義徳)と大鍋(大倉孝二)がやってくる。
WOWOWより引用

管理人@つぶやき ナイロン100℃「わが闇」 おすすめ舞台度数 st3

WOWOWで視聴。うわー、強烈でした。面白いですしね。

2015.12月現在、『ナイロン100℃「わが闇」』のDVD販売に関する情報はありませんでした。

こんな記事もどうぞ