映画『Wの悲劇』あらすじ・キャストからのおすすめ度

映画『Wの悲劇』は、薬師丸ひろ子主演の映画の中でも、大人の女優への第一歩ともいえる記念碑的作品です。原作の「Wの悲劇」は、映画内で劇団が演じる舞台になっている物語部分であり、その舞台演劇にかける青春映画のような構図になっています。その中で薬師丸さんは大人の女性に脱皮したいともがき苦しむ女性を上手に演じています。

物語の中では、舞台演劇の裏側も描かれており、ドロドロとしたこんな出来事が本当にあるのかな、と思わせるようなエピソードが散りばめられています。また、映画内で描かれているように、実際に井之頭公園で舞台の稽古をする俳優さんやミュージシャンは多く、近隣の吉祥寺周辺には飲み屋も多数あり、静香と昭夫が繰り広げるいろいろなシーンは、東京でがんばっている等身大の青年たちを感じさせます。舞台演劇に対する情熱や、挫折、苦悩等が上手に織り交ざった、角川青春映画の傑作だと思います。

映画「Wの悲劇」の作品情報・キャスト

題名:Wの悲劇(1984年)
原作:推理小説「Wの悲劇」夏樹静子(1982年)
監督/制作:澤井信一郎、角川春樹
脚本:荒井晴彦、澤井信一郎
主題歌:薬師丸ひろ子「Woman “Wの悲劇”より」
キャスト:薬師丸ひろ子, 三田佳子, 三田村邦彦, 世良公則, 高木美保

映画「Wの悲劇」あらすじ

劇団に所属する舞台女優の卵・三田静香(薬師丸ひろ子)は、不動産屋の森口昭夫(世良公則)に見初められ、猛アプローチを受ける。最初は煙たがっていた静香だが、二人は少しずつ距離を縮めていく。
ある日、次の舞台の配役が発表されたが、静香は予想通り端役だった。昭夫は彼女を慰めた上で、昭夫自身もかつて俳優を志していたこと、しかし私生活でも役を演じてしまう自分に疲れ、自分自身の感性を失う前に辞めたのだと告白する。そして、もし君がスターになれなかったら結婚しよう、でもスターになれた時は大きな花束を別離の代わりに送る、と言う。

それから時が経ち、舞台公演が始まった。そして、大阪滞在中のホテルである事件が起こる。主演女優の羽鳥翔(三田佳子)のホテルの部屋で、羽鳥の長年のパトロンだった堂原(仲谷昇)がベッドの上で突然死したのだ。世間に知れれば大女優である羽鳥には大きなスキャンダルとなる。偶然、堂原の死体を見てしまった静香は、羽鳥に丸め込まれ、静香に身代わりになるよう要請され、その見返りに舞台のヒロイン役を静香に変更させると約束するのだった。
羽鳥の申し出に困惑した静香だったが、最後に承諾する。そしてマスコミの前で記者会見を開いた静香は、堂原がパトロンだったと嘘をつき、世間を欺く芝居をやってのけた。こうしてヒロイン役を得た静香だったが、昭夫は記者会見での嘘を見抜いていた。しかし、静香は世間から注目を浴びる存在となり、舞台「Wの悲劇」も成功を収める。

スターになった静香に、大きな花束をもった昭夫が手渡しに行こうとする途中、静香に向かって刃物をもった女が突進。女は、静香にヒロイン役を奪われた別の舞台女優だった。間一髪のところで静香の代わりに刺された昭夫は、その場に倒れ込む。
その後、昭夫は傷が癒えて退院する。静香は、昭夫から去り、舞台女優としての道を歩んでいくのだった。

映画「Wの悲劇」おすすめ度 ★★★★

角川春樹制作の角川映画の中でも傑作といわれる映画のひとつ。「顔はぶたないで!あたし女優なんだから!」、「わたし、おじいさまを殺してしまった!」などのセリフが当時爆発的に流行りました。わたくし的には三田佳子の「女優、女優、女優!勝つか負けるかよ!」というのもかなりインパクトありました。
当時無名だった高木美保も新人として出演。薬師丸ひろ子が歌うテーマ曲も爆発的にヒットし、今でもカラオケで歌う方が多いのでは。ちなみに原作とは著しく設定が異なっています。

指さしアイコン 『Wの悲劇』を無料動画で探してみませんか?

映画賞受賞歴/Wの悲劇

第39回毎日映画コンクールWの悲劇

  • 日本映画大賞
  • 脚本賞:荒井晴彦,澤井信一郎
  • 女優助演賞:三田佳子

第27回ブルーリボン賞Wの悲劇

  • 主演女優賞:薬師丸ひろ子
  • 女優助演賞:三田佳子

第10回報知映画賞Wの悲劇

  • 女優助演賞:三田佳子

第58回(1984年)キネマ旬報ベストテンWの悲劇

  • 第2位

 

こんな記事もどうぞ

コメントを残す