おすすめ日本映画を映画賞から見つける

映画「タイタニック」あらすじ・キャスト

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

実話をもとに映画化された「タイタニック」は、日本での興収記録が、262億円となるヒット作品になった。日本では、ジャックとローズの船の先端での有名なポーズが流行になり、言わずと知れた名作。作品は、アカデミー賞11部門を受賞するほど評価された。

セリーヌ・ディオンが、歌う主題歌マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」もヒットし海外の音楽賞を受賞する。日本の音楽賞では、第40回日本レコード大賞特別賞と日本ゴールドディスク大賞のソング・オブ・ザ・イヤーも受賞する。

映画の登場人物は、架空の人物の他に実在の人物をモデルとしている。

 

「タイタニック」映画概要

日本語題名:タイタニック
英語題名:TITANIC
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン
主題歌:My Heart Will Go On/セリーヌ・ディオン
主演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/ビリー・ゼイン/キャシー・ベイツ/ビル・パクストン/フランシス・フィッシャー

 

「タイタニック」あらすじ

ジャック・ドーソンは、画家志望の貧しい青年だが、ポーカーの賭けに勝ったことから豪華客船タイタニック号に乗船する。

豪華客船タイタニックの船内でジャックは、上流階級のローズ・デヴィッド・ブケイターと出会う。二人は、すぐに惹かれあいジャックは、ローズの絵を夢中で描いていた。

しかし、微笑ましい二人の恋には、問題があった。ローズには、資産家のキャルドン・ホックリーという婚約者が、いたのだ。ローズにとってホックリー家とは、お金のための婚約で愛は、無かったが、キャルドンは、ローズとジャックの仲に嫉妬する。

そんな中、タイタニック号は、氷山に衝突しそうになっており船員たちは、氷山との衝突回避のために奮闘していた。しかし、タイタニック号は、氷山と衝突してしまい船内は混乱する。沈没するタイタニック号から何とか逃げてきたジャックは、ローズを助けたあとに冷たい海中へと沈んだ。

ジャック役のレオナルド・ディカプリオが、明るく優しいジャックを魅力的に演じている。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 邦画ファン , 2018 All Rights Reserved.