ユーミン×帝劇『8月31日~夏休み最後の日~』おススメ演劇度!

脚本・演出:松任谷正隆
キャスト:松任谷由実 貫地谷しほり 吉沢悠 陽月華

2012年にデビュー40周年を迎えた松任谷由実と東京・帝国劇場がコラボレーション。ユーミンが歌う曲に珠玉のキャストの演技が融合し、新しい舞台が誕生した。・・・「ANNIVERSARY」「ジャコビニ彗星の日」「Good-bye friend」といったユーミンの珠玉の名曲が、2人の思い出の場面を彩っていく。WOWOWより引用

8月31日~夏休み最後の日~ あらすじ

8月31日、翌日からのフランス留学への準備をしていた千佳(貫地谷しほり)のもとに、元恋人の一彦(吉沢悠)が交通事故に遭ったという連絡が入る。別れた一彦が自分の新しい携帯電話の番号が書かれたメモを持っていたことに戸惑う千佳。だが一彦は意識不明の危険な状態にあり、ほかに来られる人間がいないという理由から付き添っていた千佳は、いつしか彼の夢の中に入り込む。WOWOWより引用

8月31日~夏休み最後の日~ おすすめ舞台演劇度数 star1-3

WOWOWで視聴。音楽プロデューサーとはいえ演劇は別物だろうと思っていたがなんと泣けた。ただしやはりふつうの演劇ではないのでユーミンファンでないかぎり、ユーミンの歌が舞台の進行を遮るためうっとおしくなったりも。ユーミンファンなら全く問題ないとおもうけれど。役者の演技がよかった。貫地谷しほりは舞台でもすばらしい。吉沢悠もよかった。

2014.11.4現在、ユーミン×帝劇『8月31日~夏休み最後の日~』のDVD販売に関する情報はありませんでした。
 

こんな記事もどうぞ

コメントを残す