おすすめ日本映画を映画賞から見つける

『万獣こわい』おすすめ演劇度!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
[youtube-adds id=”https://www.youtube.com/embed/Ns-QqJ2gf5U” style=”de-desktop” url=”/movie-drama-videoservice/” title=”この作品を無料動画で探してみる” colorbg=”#dd3333″ colortext=”#ffffff” time=”10″]

演出:河原雅彦 脚本:宮藤官九郎
キャスト:生瀬勝久 池田成志 古田新 小池栄子 夏帆

ねずみの三銃士第3回企画公演。テーマは“監禁”。「この世で一番こわいのは誰か?」を問いかける衝撃作として話題に。

万獣こわい あらすじ

東京の住宅街の古い喫茶店を買い取ったマスター(生瀬勝久)と妻の陽子(小池栄子)は店名を変え、再オープンの準備を進めていた。そんな中、制服姿の少女トキヨ(夏帆)が飛び込んでくる。彼女はヤマザキという男に8年にわたり監禁され逃げ出してきたという。家族ともども監禁されていたトキヨは、その家族が毎年ひとりずつ死んでいったことなど異常な状況を明かす。WOWOWより引用

管理人@つぶやき 万獣こわい おすすめ舞台度数 star1-2

WOWOWで視聴。たぶんストーリー的には本作品が一番面白いのかもしれない。ただ個人的には先が読み込めるしちょっとくどい感じがした。それがクドカンなのだけど。1作目の「鈍獣」は問題外として2作目の「印獣」の方が意外なキャスティングとストーリ―で気に入っている。でもまあどれがいいかは微妙な個人差だけかも。とりあえずクドカン作品がOKという方はフツーに楽しめる演劇作品だと思う。

2014年9月現在で「万獣こわい」のDVDの販売情報を見つけることはできませんでした。
 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 邦画ファン , 2014 All Rights Reserved.