『紫式部ダイアリー THE AUTHORESSES』おすすめ演劇度!

作・演出:三谷幸喜
キャスト:長澤まさみ 斉藤由貴

三谷幸喜が“作家”を主人公に据えオンナのバトルを描く。演じるのは、長澤まさみvs斉藤由貴。「この二人は僕自身」と語る三谷。現代のホテルのバーを舞台に火花が散る。

「源氏物語」がヒットし、若くして流行作家にのし上がった紫式部を演じるのは長澤まさみ。三谷が、自ら脚本を書いたドラマ「わが家の歴史」に出演した長澤の演技に感動し、彼女で舞台を作りたいと思ったことから本作は生まれた。

一方、かつて「枕草子」で人気を得ながら世代交代の流れを感じている清少納言役は斉藤由貴。三谷は、長澤も斉藤も自分に近い部分があり、自分の分身である紫式部と清少納言を演じるのに適任と太鼓判を押す。WOWOWより引用

紫式部ダイアリー THE AUTHORESSES あらすじ

とある文学賞の選考会前夜。選考会が行なわれるホテルのバーでは、清少納言が紫式部を待っている。この2人はこの文学賞の審査員。

清少納言は「枕草子」が大ベストセラーとなり、エッセイストとして確固たる地位を築き、現在は数々の文学賞の審査員を務め、文壇での発言力も強い。

かたや紫式部は「源氏物語」で一躍注目を集め、若手女流作家として飛ぶ鳥を落とす勢い。気の抜けたシャンパンをもてあます清少納言のもとに紫式部が現われる。

バーカウンターで飲み始める2人、話題は賞の対象となっている和泉式部の「和泉式部日記」。だが酒が進むにつれ、次第に2人の間に火花が散り始め、女の、そして作家としてのプライドをかけたバトルが始まろうとしていた……。
WOWOWより引用

管理人@つぶやき 紫式部ダイアリー THE AUTHORESSES おすすめ舞台度数 st3

WOWOWで視聴。シンプルな構成なんですが、テンポよく進み、飽きることなくみることができました。このテンポの良さが三谷作品が好きなところですかね。

2015.12月現在、『紫式部ダイアリー THE AUTHORESSES』のDVD販売に関する情報はありませんでした。

こんな記事もどうぞ