おすすめ日本映画を映画賞から見つける

山崎賢人演じるピアノ調教師を知る音楽映画「羊と鋼の森」あらすじ・キャスト

 
この記事を書いている人 - WRITER -

この「羊と鋼の森」は、154回直木賞候補作に選ばれた宮下奈都の作品で、書店の店員が満足した本を選ぶ”大賞受賞”作品でありその満足度は94%だった人気の小説を映画化したものです。

主人公の外村が、ピアノ調律師として自分の道を模索する姿が、丁寧に描かれている作品でピアノ調教師という職業を知る映画ともなっています。ピアノの音色が幻想的な森へと誘い込むシーンは、見どころの一つで、ピアノ調律師という職業に興味のある人達の参考にもなる作品です。

>>>「羊と鋼の森」からピアノ調律師を知る

橋本光二郎監督は、主演の山崎賢人とは、映画「Orange-オレンジ-」以来となっています。エンディングテーマの「The dream of Lands 」の作詞・作曲を久石譲、ピアノ演奏を辻井伸行が奏でていることでも話題になりました。エンディングテーマとして流れる繊細な音色の旋律は、森に惹きこまれるようである。

今作では、NHK大河ドラマ「西郷どん」で主演を演じた鈴木亮平が出演しており、ドラムを敲く姿もありちょっと意外な感じも。


Sponsored Link

映画「羊と鋼の森」概要・キャスト

日本語原題:羊と鋼の森(2018年)
原作:小説「羊と鋼の森」宮下 奈都
脚本:金子 ありさ
監督:橋本 光二郎
音楽:世武 裕子
出演:山崎賢人/三浦友和/鈴木亮平/上白石萌音/上白石萌歌/堀内敬子/仲里依紗/城田優

映画「羊と鋼の森」あらすじ

高校生の外村直樹は、学校でピアノの調律をしている板倉宗一郎と出会う。調律されたピアノの音を聴いた外村は、森の風景を感じピアノ調律師という職業に興味を持つ。
そして、外村は、ピアノ調律師を目指すために専門学校に通い江藤楽器に就職をする。外村は、江藤楽器で働く先輩の柳伸二の見習いとして共に行動しピアノ調律師としての仕事を勉強することになる。

しかし、双子の佐倉姉妹のピアノ調律では、単独でピアノ調律をしてしまい音色を崩してしまう。柳が佐倉姉妹のピアノ調律を翌朝にする事になり音色は調整されるが、外村は単独で調律したことを反省する。

そして外村は、お客様の求める音色について考える。音色について考える外村に柳は、アドバイスをくれた。ある日外村は、柳から初めて一軒のピアノ調律を任される。しかし、そのピアノは14年間も調律されていなかった。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 邦画ファン , 2019 All Rights Reserved.