『禁断の裸体』おすすめ演劇度!

演出:三浦大輔
キャスト:内野聖陽 寺島しのぶ 池内博之 野村周平

主宰する劇団「ポツドール」の公演などで、赤裸々なせりふ、過激な演出で数々の問題作を生み出してきた劇作家・演出家の三浦大輔。そんな三浦が、ブラジル演劇の先駆者と評される劇作家ネルソン・ロドリゲスの戯曲「禁断の裸体」に挑む。

本作はある家族の崩壊、男女の愛と性、モラルにとらわれることへの警鐘、死への恐怖と生への執着をセンセーショナルに描いた人間ドラマ。1973年公開の映画版は、ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受賞している。三浦は、「人間の本質的なものが暴かれる瞬間を丁寧に描きたい」と語る。

出演は、妻を乳がんで亡くし、心に傷を負った男やもめの主人公エルクラーノに内野聖陽、本能で生きて、純粋な心を持つ娼婦ジェニーに寺島しのぶ。また、自堕落な人生を歩む主人公の弟パトリーシオを池内博之、亡き母の死を受け入れられない主人公の息子セルジーニョを野村周平が演じる。WOWOWより引用

禁断の裸体 あらすじ

妻を亡くして以来失意に沈むエルクラーノ(内野聖陽)。自殺未遂までも起こした彼を心配し、これ以上一族から死者を出すことを忌み嫌う3人のおば(宍戸美和公、池谷のぶえ、木野花)は、神父をエルクラーノに引き合わせるよう、彼の弟パトリーシオ(池内博之)をせかす。

だが、パトリーシオが紹介したのは、娼婦のジェニー(寺島しのぶ)だった。兄を救えるのは“女”“セックス”だと考えてのことだった。酒の勢いで関係を持ちつつもモラルを捨て切れないエルクラーノは、最初は娼婦だとジェニーをさげすむが、その内心でお互いに愛が芽生え、やがて結婚を意識するように。

だが、エルクラーノは、いまだに母の面影を追う息子のセルジーニョ(野村周平)と、再婚はしないという約束を固く結んでいた。そんなある日、セルジーニョが父とジェニーのセックスを目撃してしまったことを発端に、消すことのできない悲劇が一家に襲い掛かる。WOWOWより引用

管理人@つぶやき 禁断の裸体 おすすめ舞台度数 st3

WOWOWで視聴。とにかくエロいですね。舞台だからここまでできるのか。個人的には寺島しのぶと野村周平の絡みが絶妙にエロかった。これは舞台でみてたらどうなってたんでしょう。かなり毒気が強い?ですが、つまらない類の演劇には入らないと思れます。

2015.7月現在、『禁断の裸体』のDVD販売に関する情報はありませんでした。

こんな記事もどうぞ