おすすめ日本映画を映画賞から見つける

『ヴェロニカ・ゲリン』おすすめ映画度!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

監督:ジョエル・シュマッカー
出演:ケイト・ブランシェット

アイルランド最大の部数を誇る大手新聞社、サンデー・インディペンデント誌の記者だったヴェロニカ・ゲリン。

アイルランドの麻薬組織の真相を暴き、度重なる脅迫にも屈せずに取材を続けた彼女が殉職するまでを描いた、感動の実話。ゲリンを演じるのは、本作でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたケイト・ブランシェット。

知的で正義感あふれるジャーナリストにふさわしい雰囲気で好演している。監督は『フォーン・ブース』のジョエル・シュマッカー。シネマトゥデイ より引用

ヴェロニカ・ゲリン あらすじ

麻薬犯罪の実態を取材するジャーナリスト、ヴェロニカ・ゲリン(ケイト・ブランシェット)は、家族の心配や脅しにも構わず、執拗に麻薬組織の首謀者を追い続けた。

ついに真相を突き止めようとしたそのとき、彼女を追跡する一台のバイクが……。シネマトゥデイ より引用

管理人@つぶやき ヴェロニカ・ゲリン おすすめ映画度数

ケイト・ブランシェットは本作品でゴールデングローブ賞主演女優賞 (ドラマ部門)ノミネート。

アイルランドでは英雄扱いなんでしょうか。真実の話しであることはさることながら、飽きずに見ることができる良い作品だと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 邦画ファン , 2017 All Rights Reserved.