おすすめ日本映画を映画賞から見つける

『ストレイヤーズ・クロニクル』おすすめ邦画度!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

監督:瀬々敬久
出演:岡田将生 染谷将太

本多孝好のベストセラー小説を実写化したアクション。極秘実験で視力・聴力・筋力などが常人よりも発達した青年が、謎の殺りく者集団との激闘を繰り広げながら自身の秘められた宿命と対峙(たいじ)する。

メガホンを取るのは、『へヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久。『悪人』などの岡田将生と『寄生獣』などの染谷将太が、導かれるように激突する異能力者たちを快演。

その脇を、成海璃子、豊原功補、石橋蓮司、伊原剛志らが固める。スリリングなストーリーに加え、岡田が繰り出す体を張った渾身(こんしん)の見せ場にも熱くなる。シネマトゥデイ より引用

ストレイヤーズ・クロニクル あらすじ

1990年代初頭、極秘実験によって人間の能力を限界まで発達させた子供たち、動物や昆虫の能力を備えた子供たちが生み出される。

それから20年後、実験で視覚、視神経、脳伝達速度が発達し異能力者となった昴(岡田将生)とその仲間たちは、特殊能力を得た代わりに精神が崩壊する危険性も抱えることに。

そして、その解決の鍵を握る外務副大臣・渡瀬(伊原剛志)のもとで、公にできないさまざまなミッションを遂行していた。そんな中、同じ異能力者である学(染谷将太)が率いる暗殺者集団アゲハが渡瀬をターゲットに定めていて……。シネマトゥデイ より引用

管理人@つぶやき ストレイヤーズ・クロニクル おすすめ邦画度数 star1-2

原作は見ていませんが、スリルもないですし、ストーリーも入り込めず、登場人物にも共感できませんでした。

善と悪の描き方が中途半端だからですかね。いまいち物足りないのが。残念。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 邦画ファン , 2016 All Rights Reserved.