おすすめ日本映画を映画賞から見つける

『この世界の片隅に』おすすめ邦画度!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

監督:片渕須直

「長い道」「夕凪の街 桜の国」などで知られる、こうの史代のコミックをアニメ化したドラマ。

戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女が戦禍の激しくなる中で懸命に生きていこうとする姿を追い掛ける。

監督にテレビアニメ「BLACK LAGOON」シリーズや『マイマイ新子と千年の魔法』などの片渕須直、アニメーション制作にテレビアニメ「坂道のアポロン」や「てーきゅう」シリーズなどのMAPPAが担当。

市井の生活を壊していく戦争の恐ろしさを痛感する。シネマトゥデイより引用

 

この世界の片隅に あらすじ

1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。

それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は、一転して一家を支える主婦に。創意工夫を凝らしながら食糧難を乗り越え、毎日の食卓を作り出す。

やがて戦争は激しくなり、日本海軍の要となっている呉はアメリカ軍によるすさまじい空襲にさらされ、数多くの軍艦が燃え上がり、町並みも破壊されていく。

そんな状況でも懸命に生きていくすずだったが、ついに1945年8月を迎える。シネマトゥデイより引用

 

管理人@つぶやき この世界の片隅に おすすめ邦画度数

戦争映画なのに主人公すずのほんわかな性格を軸に物語自体ほんわか。

それゆえに後半戦争シーンになるとなんだか切なくなる感じがしますね。

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 邦画ファン , 2018 All Rights Reserved.