おすすめ日本映画を映画賞から見つける

『印獣』おすすめ演劇度!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
[youtube-adds id=”https://www.youtube.com/embed/J1Av2clJj_E?rel=0″ style=”de-desktop” url=”/movie-drama-videoservice/” title=”この作品を無料動画で探してみる” colorbg=”#dd3333″ colortext=”#ffffff” time=”10″]

演出:河原雅彦 脚本:宮藤官九郎
キャスト:三田佳子 生瀬勝久 池田成志 古田新 太岡田義徳 上地春奈

ねずみの三銃士第2回企画公演として、三田佳子を主演に迎えて大きな話題となった衝撃作!

印獣 あらすじ

2009年の演劇界の話題を独占した舞台。演劇界のチームリーダー、生瀬勝久×池田成志×古田新太そして宮藤官九郎(脚本)・河原雅彦(演出)ら「鈍獣」メンバーが5年ぶりに再結集した。しかも、彼らの熱烈なラブコールを受けたゲストはあの大女優、三田佳子だ。

前回の「鈍獣」は、宮藤官九郎が見事に岸田戯曲賞に輝き、映画化もされた伝説の舞台。あれから5年、今回のタイトルは「印獣」。前回、同級生という間柄を演じた生瀬・池田・古田の3人が、今回は“印税生活をしてみませんか”という招待状を手に集まった初対面の作家たちを演じる。

3人を監禁しながら自伝を書かせる自称・大女優、長津田麗子役に三田佳子。9歳から62歳までを演じわけていく中、彼女の恐るべき目的が明らかになる。共演には岡田義徳、上地春菜。これまでのどんな演劇とも一線を画す異種格闘技的な演技バトルが繰り広げられる!WOWOWより引用

管理人@つぶやき 印獣 おすすめ舞台度数 star1-3

WOWOWで視聴。あのねずみ三銃士に三田佳子が大女優役で出演というからキャスティングからクドカン節炸裂。三田佳子といえば大女優のイメージそのものじゃないですか、そんな彼女に「そんなのかんけーねー」とか言わせちゃってるんですよね。クドカン恐るべしw 観劇後の印象としては、やっぱりクドカン、中盤ちょっと飽きちゃう面もOK!長津田麗子のマネージャー役の上地春奈がめっちゃ面白かった。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 邦画ファン , 2014 All Rights Reserved.