おすすめ日本映画を映画賞から見つける

『日本のいちばん長い日』おすすめ邦画度!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

監督:原田眞人
出演:役所広司

半藤一利のノンフィクションを基にした群像歴史ドラマ大作。太平洋戦争での日本の降伏決定から、それを国民に伝えた玉音放送が敢行されるまでの裏側を見つめていく。

メガホンを取るのは、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』などの原田眞人。キャストには『わが母の記』などの役所広司、『おくりびと』などの本木雅弘、『ツナグ』などの松坂桃李ら実力派が集結し、昭和天皇や阿南惟幾陸相をはじめとする実在の人物を熱演する。

身をていして現在の平和の礎を築いた人々の思いに引き込まれる。シネマトゥデイ より引用

日本のいちばん長い日 あらすじ

1945年7月。太平洋戦争での戦況が悪化する日本に対して、連合軍はポツダム宣言の受託を迫る。連日にわたって、降伏するか本土決戦に突き進むかを議論する閣議が開かれるが結論を一本化できずにいた。

やがて広島、長崎に原爆が投下され、日本を取り巻く状況はさらに悪くなっていく。全国民一斉玉砕という案も取り沙汰される中、阿南惟幾陸軍大臣(役所広司)は決断に悩み、天皇陛下(本木雅弘)は国民を案じていた。

そのころ、畑中健二少佐(松坂桃李)ら若手将校たちは終戦に反対するクーデターを画策していた。シネマトゥデイ より引用

管理人@つぶやき 日本のいちばん長い日 おすすめ邦画度数 st3

1967年に岡本喜八監督にも制作されています。その時の主演は三船敏郎。

この手の戦争映画は好まないのですが、原田眞人監督だったのでみました。無駄に豪華な役者を揃えただけの残念な映画ではありませんでしたね。

テンポよくストーリーは流れていき淡々と終戦に至る経過を物語っていきます。この時代を語る今までの映画とは一味違っていて、なかなかよかったです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

Copyright© 邦画ファン , 2016 All Rights Reserved.