『デイジー』おすすめ映画度!

監督:アンドリュー・ラウ 脚本:クァク・ジェヨン
キャスト:チョン・ジヒョン チョン・ウソン イ・ソンジェ

『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだ宿命の愛の物語。敵対する2人の男に愛されるヒロイン役に『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン、相手役には『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンと、『氷雨』のイ・ソンジェがふんし、どうにもならない運命に流される男女の悲哀をつづる。韓国のカリスマスターが一同に会し、華麗なアクションと情感あふれる人間ドラマで魅せる感涙作。シネマトゥデイより引用

デイジー あらすじ

アムステルダムで暮らすヘヨン(チョン・ジヒョン)の元に、毎日見知らぬ人からデイジーの花が届く。ある日街頭で似顔絵を描く彼女の前にジョンウ(イ・ソンジェ)が現れ、彼女は彼こそが待ち焦がれた運命の相手だと確信する。だが、実は男は国際警察の捜査官で、彼の追う暗殺者(チョン・ウソン)こそが花の贈り主だった。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき デイジー おすすめ映画度数 star1-4

メロメロな純愛ラブストーリーという観点でみれば高評価ですかね。例え現実離れしていようがこんなメロドラマが少なくなってきたからこそ見る価値ありなのかなという感じでした。この辺りがやはり韓国エンタメが好かれる所以ですかね。

指さしアイコン 『デイジー』を無料動画で探してみませんか?

こんな記事もどうぞ