トロント国際映画祭2018と日本映画の出品作品

アカデミー賞の前哨戦ともいわれる「トロント国際映画祭2018」が開催されます。開催日程は2018年9月6日~9月16日までです。3大映画祭(カンヌ、ベネチア、ベルリン)とはちがってコンペティション部門(競争部門)での賞ではなく観客に人気のある作品が評価され「観客賞(The People’s Choice Award)」が最高賞となります。
世界中から優れた作品が集まり、毎年日本からも作品が出品されています。また2003年の観客賞には北野武監督の『座頭市』が受賞しています。

トロント国際映画祭2018の注目作品と日本が関係する映画、作品

2018年に出品されている日本映画と日本人が関係する作品をピックアップしました。カンヌ映画祭でパルムドールを受賞した是枝裕和監督の「万引き家族」もSpecial Presentation(特別プレゼンテーション)部門にエントリーしています。

『Vision』河瀬直美 監督/特別プレゼンテーション部門

監督・脚本:河瀬直美( 「あん」「光」「パラレルワールド」)公式サイト
キャスト:永瀬正敏、ジュリエット・ビノシュ、岩田剛典、美波、森山未來 他

今年11月にはフランスで公開、スペイン最大の国際映画祭、サン・セバスティアン国際映画祭のコンペティション部門でも上映されることが決まっています。

『万引き家族』是枝裕和監督/特別コンペティション部門

監督・脚本:是枝裕和(「そして父になる」「海街ダイアリー」)公式サイト
キャスト:リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林 他

カンヌ映画祭2018でパルムドール(最優秀章)を受賞した作品。

『寝ても覚めても – Asako I & II -』濱口竜介 監督/現代世界の映画部門

監督:濱口竜介(「ハッピーアワー」)公式サイト
原作:柴崎友香「寝ても覚めても」
キャスト:東出昌大、唐田えりか、瀬戸康史 他

カンヌ国際映画祭2018のコンペティション部門にノミネートした作品。

『斬、」塚本晋也監督/マスターズ部門

監督・脚本:塚本晋也(「KOTOKO」「野火」)公式サイト
キャスト:池松荘亮、蒼井優、中村達也 他

ベネチア国際映画祭2018のコンペティション部門にノミネートしている作品。

『Complicity』近浦啓監督/ディスカバリー部門

監督・脚本:近浦啓
キャスト:ルー・ユーライ、藤竜也、赤坂沙世、松本紀保 他

日本と中国の共同制作の作品。公開は2019年予定。近浦啓監督は昨年のトロント国際映画祭2017の短編部門『SIGNATURE』に続く2作目の出品作品。

『空海(KUKAI)』Chen Kaige 監督/特別プレゼンテーション部門

監督:チェン・カイコー(「さらば、わが愛/覇王別姫」)公式サイト
原作:夢枕獏「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」
キャスト:染谷将太、阿部寛、松坂慶子、ホアン・シュアン

日中共同制作の作品。2017年の東京国際映画祭でオープニングスペシャル作品として上映されている。

『Burning』李昌洞監督/特別プレゼンテーション部門

監督:李昌洞(イ・チャンドン)
原作:村上春樹 短編小説「納屋を焼く』
キャスト:ユ・アイン、チョン・ジョンソン、スティーヴン・ユァン

カンヌ国際映画祭2018のコンペティション部門にノミネートした作品。

 

映画賞INDEX ~映画賞から見つける邦画おすすめ作品~

映画賞毎の作品インデックスです。詳細をみたい邦画タイトルをクリックしてください。

日本アカデミー賞から探す 邦画おすすめ作品

◎は最優秀作品賞 

年度 優秀作品賞
1978年 第1回 ◎幸せの黄色いハンカチ
青春の門・自立篇
竹山ひとり旅
八甲田山
はなれ瞽女おりん
1979年 第2回 ◎事件
愛の亡霊
鬼畜
サード
柳生一族の陰謀
1980年 第3回 ◎復讐するは我にあり
あゝ野麦峠
衝動殺人 息子よ
太陽を盗んだ男
もう頬づえはつかない
1981年 第4回 ◎ツィゴイネルワイゼン
父よ母よ!
動乱
二百三高地
遥かなる山の呼び声
1982年 第5回 ◎駅 STATION
ええじゃないか
遠雷
泥の川
日本の熱い日々 謀殺・下山事件
1983年 第6回 ◎蒲田行進曲
龍院花子の生涯
疑惑
未完の対局
誘拐報道
1984年 第7回 ◎楢山節考
家族ゲーム
細雪
戦場のメリークリスマス
南極物語
1985年 第8回 ◎お葬式
おはん
瀬戸内少年野球団
天国の駅
麻雀放浪記
1986年 第9回 ◎花いちもんめ
恋文
それから
Wの悲劇
ビルマの竪琴(1985版)
1987年 第10回 ◎火宅の人
植村直己物語
キネマの天地
新・喜びも悲しみも幾歳月
人間の約束
1988年 第11回 ◎マルサの女
竹取物語
ハチ公物語
夜汽車
吉原炎上
1989年 第12回 ◎敦煌
異人たちとの夏
ダウンタウンヒーローズ
華の乱
優駿 ORACION
1990年 第13回 ◎黒い雨
あ・うん
社葬
千利休 本覚坊遺文
利休
1991年 第14回 ◎少年時代
櫻の園(1990年度版)
死の棘
白い手
1992年 第15回 ◎息子
あの夏、いちばん静かな海。
大誘拐-RAINBOW KIDS-
八月の狂詩曲(ラプソディー)
無能の人
1993年 第16回 ◎シコふんじゃった。
いつかギラギラする日
青春デンデケデケデケ
遠き落日
ミンボーの女
1994年 第17回 ◎学校
月はどっちに出ている
虹の橋
僕らはみんな生きている
わが愛の譜 滝廉太郎物語
1995年 第18回 ◎忠臣蔵外伝 四谷怪談
居酒屋ゆうれい
119
四十七人の刺客
ラストソング
1996年 第19回 ◎午後の遺言状
きけ、わだつみの声

写楽
Love Letter
1997年 第20回 ◎Shall we ダンス?
学校Ⅱ
スーパーの女
スワロウテイル
わが心の銀河鉄道 宮沢賢治物語
1998年 第21回 ◎もののけ姫
うなぎ
東京日和
誘拐
ラヂオの時間
1999年 第22回 ◎愛を乞うひと
踊る大捜査線
学校Ⅲ
カンゾー先生
HANA-BI
2000年 第23回 ◎鉄道員(ぽっぽや)
菊次郎の夏
金融腐蝕列島 呪縛
御法度
梟の城
2001年 第24回 ◎雨あがる

十五才 学校IV
バトル・ロワイアル
ホワイトアウト
2002年 第25回 ◎千と千尋の神隠し
ウォーターボーイズ
GO
千年の恋 ひかる源氏物語
ホタル
2003年 第26回 ◎たそがれ清兵衛
阿弥陀堂だより
突入せよ!『あさま山荘』事件
陽はまた昇る
ピンポン
2004年 第27回 壬生義士伝
阿修羅のごとく
踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!
座頭市
スパイ・ゾルゲ
2005年 第28回 ◎半落ち
隠し剣 鬼の爪
スウィングガールズ
世界の中心で、愛をさけぶ
血と骨
2006年 第29回 ◎ALWAYS 三丁目の夕日
北の零年
蝉しぐれ
パッチギ!
亡国のイージス
2007年 第30回 ◎フラガール
明日の記憶
男たちの大和
THE 有頂天ホテル
武士の一分
2008年 第31回 ◎東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
ALWAYS 続・三丁目の夕日
キサラギ
それでもボクはやってない
眉山 -びざん-
2009年 第32回 ◎おくりびと
母べえ
クライマーズ・ハイ
ザ・マジックアワー
容疑者Xの献身
2010年 第33回 ◎沈まぬ太陽
ヴィヨンの妻 ~桜桃とタンポポ~
ゼロの焦点
劒岳 点の記
ディア・ドクター
2011年 第34回 ◎告白
悪人
おとうと
孤高のメス
十三人の刺客
2012年 第35回 ◎八日目の蝉
大鹿村騒動記
最後の忠臣蔵
ステキな金縛り
探偵はBARにいる
2013年 第36回 ◎桐島、部活やめるってよ
あなたへ
北のカナリアたち
のぼうの城
わが母の記
2014年 第37回 ◎舟を編む
そして父になる
凶悪
少年H
利休にたずねよ
東京家族
2015年 第38回 ◎永遠の0
紙の月
小さいおうち
蜩ノ記
ふしぎな岬の物語
2016年 第39回 ◎海街diary
百円の恋
海難1890
日本のいちばん長い夏
母と暮らせば
2017年 第40回 ◎シン・ゴジラ
怒り
家族は辛いよ
湯を沸かすほどの熱い愛
64-ロクヨン-
2018年 第41回 ◎三度目の殺人
君の膵臓をたべたい
関ヶ原
ナミヤ雑貨店の奇蹟
花戦さ

ブルーリボン賞から探す 邦画おすすめ作品

年度 作品賞
1950年 第1回 また逢う日まで
1951年 第2回 めし
1952年 第3回 稲妻
1953年 第4回 にごりえ
1954年 第5回 二十四の瞳
1955年 第6回 浮雲
1956年 第7回 真昼の暗黒
1957年 第8回
1958年 第9回 隠し砦の三悪人
1959年 第10回 キクとイサム
1960年 第11回 おとうと
1961年 第12回 豚と軍艦
1962年 第13回 キューポラのある街
1963年 第14回 にっぽん昆虫記
1964年 第15回 砂の女
1965年 第16回 赤ひげ
1966年 第17回 白い巨塔
1975年 第18回 化石
1976年 第19回 大地の子守歌
1977年 第20回 幸せの黄色いハンカチ
1978年 第21回 サード
1979年 第22回 復讐するは我にあり
1980年 第23回 影武者
1981年 第24回 泥の川
1982年 第25回 蒲田行進曲
1983年 第26回 東京裁判
1984年 第27回 瀬戸内少年野球団
1985年 第28回
1986年 第29回 ウホッホ探険隊
1987年 第30回 マルサの女
1988年 第31回 敦煌
1989年 第32回 どついたるねん
1990年 第33回 少年時代
1991年 第34回 あの夏、いちばん静かな海。
1992年 第35回 シコふんじゃった。
1993年 第36回 月はどっちに出ている
1994年 第37回 棒の哀しみ
1995年 第38回 午後の遺言状
1996年 第39回 岸和田少年愚連隊
1997年 第40回 バウンス ko GALS
1998年 第41回 HANA-BI
1999年 第42回 御法度
2000年 第43回 バトル・ロワイアル
2001年 第44回 千と千尋の神隠し
2002年 第45回 たそがれ清兵衛
2003年 第46回 赤目四十八瀧心中未遂
2004年 第47回 誰も知らない
2005年 第48回 パッチギ!
2006年 第49回 フラガール
2007年 第50回 キサラギ
2008年 第51回 クライマーズ・ハイ
2009年 第52回 劒岳 点の記
2010年 第53回 告白
2011年 第54回 冷たい熱帯魚
2012年 第55回 かぞくのくに
2013年 第56回 横道世之介
2014年 第57回 超高速!参勤交代
2015年 第58回 日本のいちばん長い夏
2016年 第59回 シン・ゴジラ
2017年 第60回 あゝ、荒野

毎日映画コンクールから探す 邦画おすすめ作品

回/年度 作品
第1回(1946年) 日本映画大賞 或る夜の殿様
第2回(1947年) 日本映画大賞 今ひとたびの
第3回(1948年) 日本映画大賞 醉いどれ天使
第4回(1949年) 日本映画大賞 晩春
第5回(1950年) 日本映画大賞 また逢う日まで
第6回(1951年) 日本映画大賞 めし
第7回(1952年) 日本映画大賞 生きる
第8回(1953年) 日本映画大賞 にごりえ
第9回(1954年) 日本映画大賞 二十四の瞳
第10回(1955年) 日本映画大賞 浮雲
第11回(1956年) 日本映画大賞 真昼の暗黒
第12回(1957年) 日本映画大賞
第13回(1958年) 日本映画大賞 楢山節考(1958年度版)
第14回(1959年) 日本映画大賞 キクとイサム
第15回(1960年) 日本映画大賞 おとうと(1960度版)
第16回(1961年) 日本映画大賞 人間の條件 (完結編)
第17回(1962年) 日本映画大賞 切腹
第18回(1963年) 日本映画大賞 天国と地獄
第19回(1964年) 日本映画大賞 砂の女
第20回(1965年) 日本映画大賞 赤ひげ
第21回(1966年) 日本映画大賞 白い巨塔
第22回(1967年) 日本映画大賞 上意討ち 拝領妻始末
第23回(1968年) 日本映画大賞 神々の深き欲望
第24回(1969年) 日本映画大賞 心中天網島
第25回(1970年) 日本映画大賞 家族
第26回(1971年) 日本映画大賞 沈黙 SILENCE
第27回(1972年) 日本映画大賞 忍ぶ川
第28回(1973年) 日本映画大賞 津軽じょんがら節
第29回(1974年) 日本映画大賞 砂の器
第30回(1975年) 日本映画大賞 化石
第31回(1976年) 日本映画大賞 不毛地帯
第32回(1977年) 日本映画大賞 幸せの黄色いハンカチ
第33回(1978年) 日本映画大賞 事件
第34回(1979年) 日本映画大賞 あゝ野麦峠
第35回(1980年) 日本映画大賞 影武者
第36回(1981年) 日本映画大賞 泥の川
第37回(1982年) 日本映画大賞 蒲田行進曲
第38回(1983年) 日本映画大賞 戦場のメリークリスマス
第39回(1984年) 日本映画大賞 Wの悲劇
第40回(1985年) 日本映画大賞
第41回(1986年) 日本映画大賞 海と毒薬
第42回(1987年) 日本映画大賞 マルサの女
第43回(1988年) 日本映画大賞 となりのトトロ
第44回(1989年) 日本映画大賞 黒い雨
第45回(1990年) 日本映画大賞 少年時代
第46回(1991年) 日本映画大賞 息子
第47回(1992年) 日本映画大賞 シコふんじゃった。
第48回(1993年) 日本映画大賞 月はどっちに出ている
第49回(1994年) 日本映画大賞 全身小説家
第50回(1995年) 日本映画大賞 午後の遺言状
第51回(1996年) 日本映画大賞 Shall we ダンス?
第52回(1997年) 日本映画大賞 もののけ姫
第53回(1998年) 日本映画大賞 愛を乞うひと
第54回(1999年) 日本映画大賞 鉄道員(ぽっぽや)
第55回(2000年) 日本映画大賞
第56回(2001年) 日本映画大賞 千と千尋の神隠し
第57回(2002年) 日本映画大賞 たそがれ清兵衛
第58回(2003年) 日本映画大賞 赤目四十八瀧心中未遂
第59回(2004年) 日本映画大賞 血と骨
第60回(2005年) 日本映画大賞 パッチギ!
TSUTAYA映画ファン賞 ALWAYS 三丁目の夕日
第61回(2006年) 日本映画大賞 ゆれる
TSUTAYA映画ファン賞 デスノート
第62回(2007年) 日本映画大賞 それでもボクはやってない
TSUTAYA映画ファン賞 恋空
第63回(2008年) 日本映画大賞 おくりびと
TSUTAYA映画ファン賞 私は貝になりたい
第64回(2009年) 日本映画大賞 沈まぬ太陽
TSUTAYA映画ファン賞 ROOKIES -卒業-
第65回(2010年) 日本映画大賞 悪人
TSUTAYA映画ファン賞 THE LAST MESSAGE 海猿
第66回(2011年) 日本映画大賞 一枚のハガキ
TSUTAYA映画ファン賞 ステキな金縛り
第67回(2012年) 日本映画大賞 終の信託
TSUTAYA映画ファン賞 テルマエ・ロマエ
第68回(2013年) 日本映画大賞 舟を編む
TSUTAYA映画ファン賞 風立ちぬ
第69回(2014年) 日本映画大賞 私の男
TSUTAYA映画ファン賞 るろうに剣心 京都大火編
るろうに剣心 伝説の最期
第70回(2015年) 日本映画大賞 恋人たち
TSUTAYA映画ファン賞 幕が上がる
第71回(2016年) 日本映画大賞 シン・ゴジラ
TSUTAYA映画ファン賞 君の名は。
第72回(2016年) 日本映画大賞 花筐/HANAGATAMI
TSUTAYA映画ファン賞 忍びの国

報知映画賞から探す 邦画おすすめ作品

年度 作品賞
1976年 第1回 犬神家の一族
1977年 第2回 幸せの黄色いハンカチ
1978年 第3回 サード
1979年 第4回 太陽を盗んだ男
1980年 第5回 影武者
1981年 第6回 遠雷
1982年 第7回 蒲田行進曲
1983年 第8回 家族ゲーム
1984年 第9回 お葬式
1985年 第10回 それから
1986年 第11回 コミック雑誌なんかいらない!
1987年 第12回 マルサの女
1988年 第13回 TOMORROW/明日
1989年 第14回 ウンタマギルー
1990年 第15回 櫻の園(1990年度版)
1991年 第16回 息子
1992年 第17回 シコふんじゃった。
1993年 第18回 月はどっちに出ている
1994年 第19回 全身小説家
1995年 第20回 午後の遺言状
1996年 第21回 Shall we ダンス?
1997年 第22回 ラヂオの時間
1998年 第23回 HANA-BI
1999年 第24回 金融腐蝕列島 呪縛
2000年 第25回
2001年 第26回 GO
2002年 第27回 たそがれ清兵衛
2003年 第28回 刑務所の中
2004年 第29回 誰も知らない
2005年 第30回 ALWAYS 三丁目の夕日
2006年 第31回 フラガール
2007年 第32回 それでもボクはやってない
2008年 第33回 おくりびと
2009年 第34回 沈まぬ太陽
2010年 第35回 悪人
2011年 第36回 八日目の蝉
2012年 第37回 鍵泥棒のメソッド
2013年 第38回 舟を編む
2014年 第39回 0.5ミリ
2015年 第40回 ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判
2016年 第41回 湯を沸かすほどの熱い愛
2017年 第42回 あゝ、荒野

日刊スポーツ映画大賞から探す 邦画おすすめ作品

年度 作品賞
1988年 第1回 華の乱
1989年 第2回 黒い雨
1990年 第3回 少年時代
1991年 第4回 息子
1992年 第5回 シコふんじゃった。
1993年 第6回 学校
1994年 第7回 忠臣蔵外伝 四谷怪談
1995年 第8回 写楽
1996年 第9回 Shall we ダンス?
1997年 第10回 愛する
1998年 第11回 愛を乞うひと
1999年 第12回 鉄道員(ぽっぽや)
2000年 第13回 十五才 学校IV
2001年 第14回 千と千尋の神隠し
2002年 第15回 たそがれ清兵衛
2003年 第16回 阿修羅のごとく
2004年 第17回 血と骨
2005年 第18回 パッチギ!
2006年 第19回 フラガール
2007年 第20回 それでもボクはやってない
2008年 第21回 おくりびと
2009年 第22回 ディア・ドクター
2010年 第23回 悪人
2011年 第24回 一枚のハガキ
2012年 第25回 終の信託
2013年 第26回 舟を編む
2014年 第27回 永遠の0
2015年 第28回 ソロモンの偽証
2016年 第29回 64-ロクヨン-
2017年 第30回 あゝ、荒野

東京スポーツ映画大賞から探す 邦画おすすめ作品

年度 順位 作品
1991年 第1回 あの夏、いちばん静かな海。
1992年 第2回 エロティックな関係
1993年 第3回 お引越し
1994年 第4回 妻はフィリピーナ
1995年 第5回 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
1996年 第6回 キッズ・リターン
1997年 第7回 ポストマン・ブルース
1998年 第8回 HANA-BI
1999年 第9回 ワンダフルライフ
2000年 第10回 バトル・ロワイアル
2001年 第11回 BROTHER
2002年 第12回 Dolls
2003年 第13回 座頭市
2004年 第14回 誰も知らない
2005年 第15回 該当なし
2006年 第16回 ゆれる
2007年 第17回 該当なし
2008年 第18回 歩いても 歩いても
2009年 第19回 該当なし
2010年 第20回 アウトレイジ
2011年 第21回 冷たい熱帯魚
2012年 第22回 アウトレイジビヨンド
2013年 第23回 舟を編む
2014年 第24回 該当なし
2015年 第25回 龍三と七人の子分たち
2016年 第26回 この世界の片隅に

 

キネマ旬報ベストテンから探す 邦画おすすめ作品

キネマ旬報のベストテンはこちらにまとめました