ベネチア国際映画祭2018日本人ノミネートと作品

毎年開催されるベネチア国際映画祭は2018年は8月29日~9月8日までの日程で開催されます。
このベネチア国際映画祭は、カンヌ映画祭・ベルリン映画祭と並ぶ3大映画祭のうちの一つで、日本映画にとっては受賞作品も多く馴染みの深い国際映画祭となっています。
>>> 「ヴェネツィア国際映画祭の日本映画受賞作品と日本人受賞者
そして2018年のベネチア映画祭のコンペティション部門の正式出品20作の1つに日本人監督の日本映画『斬、』がノミネートされました。

ベネチア国際映画祭2018ノミネート作:日本映画『斬、』の概要

作品名:斬、(ざん)/ZAN(KILLING)2018年11月24日公開 公式サイト
監督:塚本晋也「KOTOKO」2011年、「野火」2015年
製作・脚本:塚本晋也
キャスト:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成

塚本晋也監督のベネチア国際映画祭受賞作品

塚本晋也監督は映画の監督だけでなく、脚本や俳優、ナレーターとして自身の作品に出演することもある。

日本映画「KOTOKO」塚本晋也監督

幼い一人息子をひとりで育てる琴子が苦しみやもがきながら懸命に生きる様を描いた作品。2011年のベネチア国際映画祭でオリゾンティ賞を受賞した作品。

作品名:KOTOKO(2011年)
監督:塚本晋也
製作・脚本:塚本晋也
キャスト:Cocco、塚本晋也

日本映画「六月の蛇」塚本晋也監督

心のカウンセラーとして働くりん子と潔癖症の夫重彦の夫婦と妻のストーカーによるゆがんだ性愛を描いた作品。2002年のベネチア国際映画祭でコントロコレンテ部門審査員特別大賞受賞を受賞した作品。

作品名:六月の蛇(2002年)
監督:塚本晋也
製作・脚本:塚本晋也
キャスト:黒沢あすか、神足裕司、寺島進、塚本晋也

こんな記事もどうぞ

コメントを残す