2018年カンヌ映画祭パルムドールとコンペティション部門受賞

第71回カンヌ映画祭2018の最高賞、コンペティション部門パルムドール是枝裕和監督の「万引き家族」が受賞しました。日本人の受賞は1997年の今村昌平監督の『うなぎ』以来です。
>>> 邦画の歴代カンヌ映画祭受賞作品

第71回カンヌ映画祭(2018)パルムドール

作品名:万引き家族 / SHOFLIFTERS(2018年)

監督:是枝裕和
制作:日本(公式サイト
出演(キャスト):リリー・フランキー、安藤サクラ

カンヌ映画祭2018コンペティション部門受賞

GRAND PRIX /グランプリ

作品名: BLACKKKLANSMAN(BLACK KLANSMAN/ブラッククランズマン)
監督:SPIKE LEE(スパイク・リー)
制作:アメリカ

JURY PRIZE /審査員賞

作品名:CAPHARNAÜM(カペナウム)
監督:NADINE LABAKI(ナディーン・ラバキ)
制作:レバノン

BEST DIRECTOR / 監督賞

作品名:ZIMNA WAJNA( COLD WAR/コールドウォー)
監督:PAWEL PAWLIKOWSKI(パヴェウ・パヴリコフスキ)
制作:ポーランド・イギリス・フランス

BEST ACTOR /最優秀男優賞

作品名:DOGMAN(ドッグマン)
俳優・キャスト:Marcello DONTE(マルチェロ・フォンテ)
監督:MATTEO GARRONE(マッテオ・ガローネ)
制作:イタリア・フランス

 

BEST ACTRESS /最優秀女優賞

作品名:AYKA(アイカ)
俳優・キャスト:SAMAL YESLYAMOVA(サマール・イェスリャーモワ)
監督:SERGEY DVORTSEVOY(セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ)
制作:ロシア・ポーランド・ドイツ・カザフスタン

BEST SCREENPLAY /脚本賞

作品名:LAZZALO FELICE(Happy as LAZZALO/ハッピーアズラザロ)
脚本:Alice ROHRWACHER(アリーチェ・ロルヴァケル)
制作:イタリア・フランス・スイス・ドイツ

BEST SCREENPLAY /脚本賞

作品名:SE ROKH(3 Faces/スリーフェイス)
脚本:NADER SAEIVAR
監督:Jafar Panahi
制作:イラン

こんな記事もどうぞ

コメントを残す