ベネチア国際映画祭2018日本人ノミネートと作品

毎年開催されるベネチア国際映画祭は2018年は8月29日~9月8日までの日程で開催されます。
このベネチア国際映画祭は、カンヌ映画祭・ベルリン映画祭と並ぶ3大映画祭のうちの一つで、日本映画にとっては受賞作品も多く馴染みの深い国際映画祭となっています。
>>> 「ヴェネツィア国際映画祭の日本映画受賞作品と日本人受賞者
そして2018年のベネチア映画祭のコンペティション部門の正式出品20作の1つに日本人監督の日本映画『斬、』がノミネートされました。

ベネチア国際映画祭2018ノミネート作:日本映画『斬、』の概要

作品名:斬、(ざん)/ZAN(KILLING)2018年11月24日公開 公式サイト
監督:塚本晋也「KOTOKO」2011年、「野火」2015年
製作・脚本:塚本晋也
キャスト:池松壮亮、蒼井優、中村達也、前田隆成

塚本晋也監督のベネチア国際映画祭受賞作品

塚本晋也監督は映画の監督だけでなく、脚本や俳優、ナレーターとして自身の作品に出演することもある。

日本映画「KOTOKO」塚本晋也監督

幼い一人息子をひとりで育てる琴子が苦しみやもがきながら懸命に生きる様を描いた作品。2011年のベネチア国際映画祭でオリゾンティ賞を受賞した作品。

作品名:KOTOKO(2011年)
監督:塚本晋也
製作・脚本:塚本晋也
キャスト:Cocco、塚本晋也

日本映画「六月の蛇」塚本晋也監督

心のカウンセラーとして働くりん子と潔癖症の夫重彦の夫婦と妻のストーカーによるゆがんだ性愛を描いた作品。2002年のベネチア国際映画祭でコントロコレンテ部門審査員特別大賞受賞を受賞した作品。

作品名:六月の蛇(2002年)
監督:塚本晋也
製作・脚本:塚本晋也
キャスト:黒沢あすか、神足裕司、寺島進、塚本晋也

映画「タイタニック」あらすじ・キャスト

実話をもとに映画化された「タイタニック」は、日本での興収記録が、262億円となるヒット作品になった。日本では、ジャックとローズの船の先端での有名なポーズが流行になり、言わずと知れた名作。作品は、アカデミー賞11部門を受賞するほど評価された。

セリーヌ・ディオンが、歌う主題歌マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」もヒットし海外の音楽賞を受賞する。日本の音楽賞では、第40回日本レコード大賞特別賞と日本ゴールドディスク大賞のソング・オブ・ザ・イヤーも受賞する。

映画の登場人物は、架空の人物の他に実在の人物をモデルとしている。

「タイタニック」映画概要

日本語題名:タイタニック
英語題名:TITANIC
監督:ジェームズ・キャメロン
脚本:ジェームズ・キャメロン
主題歌:My Heart Will Go On/セリーヌ・ディオン
主演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/ビリー・ゼイン/キャシー・ベイツ/ビル・パクストン/フランシス・フィッシャー

「タイタニック」あらすじ

ジャック・ドーソンは、画家志望の貧しい青年だが、ポーカーの賭けに勝ったことから豪華客船タイタニック号に乗船する。

豪華客船タイタニックの船内でジャックは、上流階級のローズ・デヴィッド・ブケイターと出会う。二人は、すぐに惹かれあいジャックは、ローズの絵を夢中で描いていた。

しかし、微笑ましい二人の恋には、問題があった。ローズには、資産家のキャルドン・ホックリーという婚約者が、いたのだ。ローズにとってホックリー家とは、お金のための婚約で愛は、無かったが、キャルドンは、ローズとジャックの仲に嫉妬する。

そんな中、タイタニック号は、氷山に衝突しそうになっており船員たちは、氷山との衝突回避のために奮闘していた。しかし、タイタニック号は、氷山と衝突してしまい船内は混乱する。沈没するタイタニック号から何とか逃げてきたジャックは、ローズを助けたあとに冷たい海中へと沈んだ。

ジャック役のレオナルド・ディカプリオが、明るく優しいジャックを魅力的に演じている。

 

映画「ムーンライト」の原作が物語る意味が深すぎる!

ムーンライト』の原作はタレル・アルヴィン・マクレイニーの「In Moonlight Black Look Blue」です。彼は映画でも脚本に参加しています。

この原作のタイトルは実は映画『ムーンライト』の意味に大きく関わっています。この原作のタイトルはどういう意味だったのでしょうか?そのタイトルからこの映画を見てみたいと思います。

「ムーンライト」のセリフに込められた“In Moonlight Black Look Blue”

原作のタイトルがそのまま『ムーンライト』のセリフにも登場します。
いじめられていたシャロンを助けてくれたフアンは、シャロンと親しくなると彼に水泳を教えてくれるようになります。そして水泳の練習が終わった後、フアンはシャロンにこう言いました。「子供の頃に遊んでいたら、近所のおばさんに月の光の下だと黒人の男の子は青く光って見えるよと言われた」と言うのです。
この「月の光の下だと黒人の男の子は青く光って見える」といのが原作のタイトルになっているのです。

さらにそこでフアンはシャロンに「自分の道は自分で決めろ」と言います。「人に決められた道を歩くな」と少年のシャロンに教えたのでした。貧しくゲイであっても美しいし、だから周りに邪魔されずに生きなさいというフアンのメッセージです。そしてこれは監督や脚本家からのマイノリティや貧困で悩んでいる人へのメッセージでもあったのでした。

ムーンライトの美しい「青」映像

『ムーンライト』の映像はとても美しいです。その中でも特に黒人の人たちがとても美しく感じます。実はそこには特殊な加工がされていました。撮影した黒人の人達の肌に上から青色を重ねていたのです。もちろんこれは原作のタイトルから来ています。青が重なった黒人の人達の肌はとても綺麗で、本当に美しい映像となっています。

そして、ラストシーン故郷に戻って来たシャロンが、昔の親友と再会します。そして親友にもたれながら、本当の自分にかえるというシーンがあります。体を大きくしゲイだとバレないように偽っていた自分から、偽りのない本当の自分を思い出します。
そのラストシーンに子供の頃のシャロンが映し出されます。
夜の海で月の光の中に立っているシャロンです。この時の彼は本当に青く美しく映っていたのでした。

『ムーンライト』は青という色に凄くこだわって作られた映画でもありました。そして劇中の言葉は原作者のタレル・アルヴィン・マクレイニー自身が実際に投げかえられた言葉でした。
映像もストーリーも美しい『ムーンライト』で、自分達の知らないところで起こっている物語を知って欲しいオススメの映画です。

 

映画「ムーンライト」の評価と作品に込められた思い

アカデミー賞作品賞を受賞した『ムーンライト』が製作されるようになったのは、1つの偶然から始まりました。そしてその偶然がこの偉大な作品を作り上げたのです。
監督と脚本家に起こった偶然から、『ムーンライト』に込められて、2人の思いと評価について見てみたいと思います。

映画「ムーンライト」は偶然から生まれた

『ムーンライト』の原作は脚本を担当したタレル・アルヴィン・マクレイニーが書いた戯曲が元になっています。タレル・アルヴィン・マクレイニーはもともとたくさんの戯曲を書いていましたが、この「In Moonlight Black Boys Look Blue」は母親が死んだとことをきっかけに、自分の内に秘めていた思いを書いた作品でした。

しかし彼は個人的な事でもあるこの戯曲を特に誰にも見せることなくしまっておきました。偶然同じ映画イベントに参加していた2人ですが面識はなく、友人を介して原作を目にしたのが監督のバリー・ジェンキンスでした。その時、彼は「In Moonlight Black Boys Look Blue」がゲイについて書かれているので、自分には関係ない話だと思って映画にすることを考えていませんでした。

1度は無くなりそうになった話でしたが、実はバリー・ジェンキンスとタレル・アルヴィン・マクレイニーは同じ小学校に通っていて、1歳違いでした。しかも2人は母親がドラッグをやっているという育った環境も似ていたのでした。

この繋がりに縁を感じたバリー・ジェンキンスが作品にしたいと思い直し、出来上がったのが映画『ムーンライト』です。

「ムーンライト」への評価と監督、脚本家の思い

『ムーンライト』の登場人物はほとんどが黒人です。さらに主人公のシャロンは貧困でゲイです。ハリウッド映画ではマイノリティであって、なかなか彼らに焦点を当てた映画を見る事はできません。

アカデミー賞で脚本賞を受賞した時、監督のバリー・ジェンキンスはこうスピーチしました。
自分達を映す鏡がないと思っている人を支えます」と。
この言葉はかなり深い意味が込められています。鏡とは、映画やテレビなどの事です。

そこに登場する人物に、自分が共感できる人がいないと思っている人を助けますと言ったのです。マイノリティの人達が主役の作品が少なくて、自分達のような存在がは映画やドラマに出てこないんだと、思っている人はたくさんいると思います。特に子供にとってはそれは悲しい事かもしれません。

バリー・ジェンキンスはそんな人達のために立ち上がったのです。そして彼は最後に「見捨てません」と言いました。とても素敵なスピーチで多くの人が感動しました。
今後、ハリウッドでもマイノリティの人が普通に登場する作品がたくさんできる事を期待してます。そしてそれは日本でも同じかもしれません。

映画「ムーンライト」あらすじ・キャスト

映画『ムーンライト』はアカデミー賞で8部門ノミネートされ3部門で受賞した作品です。特に作品賞の発表時は「ラ・ラ・ランド」との前代未聞の間違いもあり、記憶に残っている人も多いと思います。

『ムーンライト』の主人公は黒人でしかもゲイです。普段ハリウッド映画では描かれることの少ない、「黒人」「LGBT」を主人公にしたことで大きな注目を浴びました。また内容も3部作に分かれていて、面白い制作をしています。

『ムーンライト』が作品賞を受賞した前の年のアカデミー賞は白人だらけのアカデミー賞とも言われていましたが、それに対抗するように作られたこの作品はかなり奥深いテーマとなっている作品でもあります。

「ムーンライト」映画概要

題名:ムーンライト(2017年)【 公式サイト
原題:Moonlight(2016年)【 公式サイト
原作:In Moonlight Black Boys Look Blue
原作作者:タレル・アルヴィン・マクレイニー
監督:バリー・ジェンキンス
脚本:バリー・ジェンキンス/タレル・アルヴィン・マクレイニー
出演:トレヴァンテ・ローズ/アンドレ・ホランド/ジャネール・モネイ/ナオミ・ハリス

映画「ムーンライト」あらすじ

シャロンという男の子は学校でみんなからイジメられています。それは彼が女の子っぽい歩き方などをしていたからです。
学校帰りにシャロンがイジメられている所を目撃したフアンは彼を助けます。そこからシャロンとフアンの親子のような関係が始まるのですが、フアンは麻薬の売人でした。

父親がいないシャロンにとってフアンは父親がわりでした。またシャロンの母親は麻薬中毒で、まともにシャロンを育てていなかったため、フアンの恋人のテレサはシャロンの母親がわりでした。2人の家によく遊びに行くようになったシャロンですが、ある日フアンは殺されてしまいます。

子供から成長したシャロンですが相変わらず学校ではイジメられています。そんな時親友のケヴィンと一線を超えてしまいます。しかし次の日イジメのリーダーの指示により、ケヴィンに殴られてしまったシャロンはリーダーに復讐をし、警察に捕まってしまいます。

『ムーンライト』は3部構成になっていて、シャロンの成長過程を描いています。フアンと出会ったことで希望の見えた彼でしたが、フアンを失ったことでまた絶望に戻ります。大人になり街を出たシャロンがまたこの街に戻ってきたとき、彼は本当の自分を見つけたのでした。
美しい映像とともに青年の葛藤が描かれた深い作品となっています。

 

2018年カンヌ映画祭パルムドールとコンペティション部門受賞

第71回カンヌ映画祭2018の最高賞、コンペティション部門パルムドール是枝裕和監督の「万引き家族」が受賞しました。日本人の受賞は1997年の今村昌平監督の『うなぎ』以来です。
>>> 邦画の歴代カンヌ映画祭受賞作品

第71回カンヌ映画祭(2018)パルムドール

作品名:万引き家族 / SHOFLIFTERS(2018年)

監督:是枝裕和
制作:日本(公式サイト
出演(キャスト):リリー・フランキー、安藤サクラ

カンヌ映画祭2018コンペティション部門受賞

GRAND PRIX /グランプリ

作品名: BLACKKKLANSMAN(BLACK KLANSMAN/ブラッククランズマン)
監督:SPIKE LEE(スパイク・リー)
制作:アメリカ

JURY PRIZE /審査員賞

作品名:CAPHARNAÜM(カペナウム)
監督:NADINE LABAKI(ナディーン・ラバキ)
制作:レバノン

BEST DIRECTOR / 監督賞

作品名:ZIMNA WAJNA( COLD WAR/コールドウォー)
監督:PAWEL PAWLIKOWSKI(パヴェウ・パヴリコフスキ)
制作:ポーランド・イギリス・フランス

BEST ACTOR /最優秀男優賞

作品名:DOGMAN(ドッグマン)
俳優・キャスト:Marcello DONTE(マルチェロ・フォンテ)
監督:MATTEO GARRONE(マッテオ・ガローネ)
制作:イタリア・フランス

 

BEST ACTRESS /最優秀女優賞

作品名:AYKA(アイカ)
俳優・キャスト:SAMAL YESLYAMOVA(サマール・イェスリャーモワ)
監督:SERGEY DVORTSEVOY(セルゲイ・ドヴォルツェヴォイ)
制作:ロシア・ポーランド・ドイツ・カザフスタン

BEST SCREENPLAY /脚本賞

作品名:LAZZALO FELICE(Happy as LAZZALO/ハッピーアズラザロ)
脚本:Alice ROHRWACHER(アリーチェ・ロルヴァケル)
制作:イタリア・フランス・スイス・ドイツ

BEST SCREENPLAY /脚本賞

作品名:SE ROKH(3 Faces/スリーフェイス)
脚本:NADER SAEIVAR
監督:Jafar Panahi
制作:イラン

カンヌ映画祭2018 パルムドールと受賞作品

2018年のカンヌ映画祭(Cannes Film Festival)は5月19日まで開催されました。毎年何かと話題になるカンヌ映画祭ですが、今年は女性の権利や地位向上を訴える運動で注目されることとなりました。

世界的な告発運動にまで発展した「#Me too」運動や82人の女性の映画関係者が腕を組み行進して訴えた映画界における女性の地位の平等をもとめる運動が全世界に向けて発信されるなど印象的でした。ちょうど50年前に起きた「カンヌ映画祭粉砕事件」を思い出した方も多かったのではないでしょうか。時代の世相を反映するカンヌ映画祭はそれだけ注目度も高いということでしょう。

ちなみにこの“82人”というのはその数字にも意味があり「カンヌ映画祭の最高賞パルムドール(Palme d’Or)を競うコンペティション部門に1946年から今回までに選出された女性監督の数」ということです。男性監督は1,700人以上という数に比べるとかなり少ないですよね。

カンヌ映画祭2018のコンペティション部門パルムドール

日本からも2作品がノミネートしていました。
第71回カンヌ映画祭パルムドールは是枝裕和監督の「万引き家族」です。

作品名:万引き家族 / SHOFLIFTERS(2018年)

監督:是枝裕和
制作:日本(公式サイト
出演(キャスト):リリー・フランキー、安藤サクラ

カンヌ映画祭2018その他部門受賞作品

カンヌ映画祭での主役は「コンペティション部門」ですが、その他の部門も独自性がありいろいろな視点から映画を評価しています。特にカンヌ映画祭では、映画はアートという考えが強いためいろいろな見方で映画をみることができます。

>>> コンペティション部門受賞作品はこちら

その他の賞並びに受賞は以下の通りです。

ある視点部門/UN CERTAIN REGARD

作品名:GRÄNS
監督:Ali ABBASI
制作:イラン

審査員賞/PRIX DU JURY

作品名:CHUVA É CANTORIA NA ALDEIA DOS MORTOS
監督:João SALAVIZA, Renée NADER MESSORA
制作:ブラジル、ポルトガル

ステージ賞/PRIX DE LA MISE EN SCÈNE

作品名:DONBASS
監督:Sergei LOZNITSA
制作:ウクライナ

最優秀作品賞/PRIX DU MEILLEUR SCÉNARIO

作品名:SOFIA
監督・脚本:Meryem BENM’BAREK
制作:モロッコ

ベスト俳優賞/PRIX DU MEILLEUR ACTEUR

作品名:GIRL
監督:Lukas DHONT
俳優:VICTOR POLSTER
制作:ベルギー

カンヌ映画祭2018ノミネート作品と日本映画の出品

今年2018年5月8日~5月19日に開催されるカンヌ映画祭には日本からの出品作品(映画)と日本に関わる作品がノミネートされています。>>> 過去の日本映画受賞作品

カンヌ映画祭の主役といえばコンペティション部門の最高賞パルムドール(Palme d’Or)の受賞ですが、その他にもこの映画祭を通して認められる映画関係者が多くいます。>>> 公式サイト

カンヌ映画祭2018「コンペティション部門」出品ノミネート作品

カンヌ映画祭の公式部門で主役ともいうべきもの。2018年は21作品が出品ノミネートされている。これらの中で最高賞パルムドールが選出される。日本からは2作品が出品、原作が日本作家で韓国の監督による1作品が出品されている。

作品名:寝ても覚めても / ASAKO Ⅰ& Ⅱ(2018年)

監督:滝口竜介「ハッピーアワー(2015)」「親密さ(2012)」
制作:日本(公式サイト
原作:柴崎友香(芥川作家)「寝ても覚めても」
出演(キャスト):東出昌大、唐田えり

作品名:万引き家族 / SHOFLIFTERS(2018年)

監督:是枝裕和
制作:日本(公式サイト
出演(キャスト):リリー・フランキー、安藤サクラ

作品名:バーニング/BURNING(2018年)

監督:イ・チャンドン「ポエトリー アグネスの詩(2010)」「シークレット・サンシャイン(2007)」
制作:韓国
原作:村上春樹の短編小説『納屋を焼く』
出演(キャスト):ユ・アイン、スティーブン・ユァン

カンヌ映画祭2018「監督週間」出品作品

この監督週間(Quinzaine Realisateurs)は1968年5月の”カンヌ映画祭粉砕事件”の後、映画監督協会が「映画の自由」をかかげ独自に立ち上げたセッション。カンヌ映画祭の中の一部門のようだが、非公式部門でコンペティション部門とはライバル関係にあるといっても過言ではない位置づけ。>>> 公式サイト

ここから発掘された監督にはジョージ・ルーカス、スパイク・リー、ミヒャエル・ハネケ、ソフィア・コッポラと数多く存在する。国際的な監督としての登竜門としてみられている。

作品名:未来のミライ(2018年)

監督:細田守「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」
制作:日本
原作:細田守
声の出演:上白石萌歌、黒木華、星野源

 

 

 『過去の日本映画』カンヌ映画祭受賞作品を無料動画で探してみませんか?

2018年カンヌ映画祭の注目の出品映画とコンペティション部門

今年で71回を迎えるカンヌ映画祭2018(Cannes Film Festival)は5月8日~5月19日の日程で開催されます。今回のカンヌ映画祭ポスターはフランスの代表的な映画監督ジャン=リュック・ゴダール監督の「気狂いピエロ」(Pierrot Le Fou)のワンシーンとなっています。

この映画はゴダール監督の長編作品でヌーベルヴァーグを代表する作品の1つです。ちなみにゴダール監督の長編映画デビュー作は日本でも有名な「勝手にしやがれ」(À bout de souffle)です。同映画のポスターでジーン・セバーグのショートカットが印象的でした。

今回のカンヌ映画祭のポスターを手掛けたのは、ゴダール監督をはじめヌーベルヴァーグの巨匠といわれるジャック・リベット、アラン・レネ、ルイ・マルらのスチール写真を手掛けた写真家ジョルジュ・ピエールで、デザインは27才のグラフィックデザイナー、フロール・マカンの作品です。

カンヌ映画祭2018の注目の出品作品

今年のカンヌ映画祭2018は奇しくも1968年におきた「カンヌ映画祭粉砕事件」(※)から50年目の年となっていて、その映画祭の中止を求めたゴダール監督の映画のポスターとコンペティション部門への最新作の出品Le Livre d’Image』が注目となっています。
1968年第21回カンヌ映画祭において映画作品の審査の必要性の有無に疑問を呈したゴダールやトリュフォーらによる運動で映画祭は中止に追い込まれた。当時の映画祭の政府主導の商業的で官僚主義的な内容に抗議し映画制作の手法を改革し自由な開催を求めたこの騒動は、後にフランス社会の転換点ともいえる学生や労働者の大規模なゼネスト「5月革命」に発展した。

またコンペティション部門のオープニングには通常、英語かフランス語の作品が選ばれる中でイランの名匠アスガー・ファルハディ監督のサイコスリラー『Everybody Knows』 のスペイン語作品が選ばれています。この作品には『それでも恋するバルセロナ』でアカデミー助演女優賞を受賞したペネロペ・クロスが出演しています。

カンヌ映画祭2018の開催と出品映画に関わる騒動

今年2018年カンヌ映画祭(Cannes Film Festival)は第71回目となります。今年は5月8日~5月19日まで開催されます。毎年話題性のある最大の映画祭ですが、今年はコンペティション部門でパルムドールを決める審査員9名のうち過半数(5名)が女性であることが特徴です。

また近年、動画配信サービスが普及し独自制作・配信を行うことが増え、昨年2017年には大手Netflixの作品がコンペティション部門に選出されましたが、フランス映画界に認められず(※)ひと悶着ある騒ぎがありました。

※フランスの法律では劇場公開からストリーミング配信まで36カ月待たなければいけない。Netflixは自社作品を劇場公開することなく配信を行っていた。昨年5月に「カンヌ映画祭は劇場公開しない作品はコンペティション部門に入れないという新ルールを制定した。

カンヌ映画祭2018もNetflixと対抗

今年もNetflix独自制作の5作品がエントリー済だったが、新ルールによりNetflixの作品はコンペティション部門に入れることはできない、との声明により5作品の引き上げを行う対抗措置を明言するバトルに発展しています。

コンペティション部門はカンヌ映画祭の中心で主役となる部門のため、その土俵にすら上げてもらえないのは作品として評価されないようなもの。他にもいろいろな部門がありますが、独自性のある評価で出品が認められています。映画祭側は作品をアートとして評価するため、いくら配信サービスで人気とはいってもエンターテイメント性の高い作品はふさわしくないとの思いがあるのでしょう。事実、映画関係者(監督)にはコンペティション部門以外での出品を断るケースもあるようです。

今年のカンヌ映画祭のコンペティション部門で出品拒否されたNetflixの作品は5作は、

  • Hold The Dark/ホールド・ザ・ダーク」 ジェレミー・ソーニエ監督
  • Roma/ローマ」 アルフォンソ・キュアロン監督
  • Norway/ノルウェイ」 ポール・グリーングラス監督
  • The Other Side of the Wind/風の向こう側」(遺作) 故オーソン・ウェルズ監督
  • They’ll Love Me When I’m Dead 」 モルガン・ネビィル監督

そして、アウト・オブ・コンペティション部門ではロン・ハワード監督の「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」が世界公開に先駆けて上映されることになっています。