『イヴ・サンローラン』おすすめ映画度!

監督:ピエール・トレトン
キャスト:イヴ・サン=ローラン

ココ・シャネルやクリスチャン・ディオールと並び称されるフランスのファッションデザイナー、イヴ・サンローランの伝記ドラマ。

若くしてファッション界の寵児(ちょうじ)として活躍する裏で、孤独と重圧に押しつぶされそうになっていた彼の素顔に迫っていく。

メガホンを取るのは、『パリ、ただよう花』などに出演した俳優のジャリル・レスペール。『キリマンジャロの雪』などのピエール・ニネが、繊細で複雑なイヴの内面を見事に体現する。

次々と現れては画面を彩る、ピエール・ベルジュ-イヴ・サンローラン財団所有の貴重な衣装も大きな見どころ。シネマトゥデイより引用

イヴ・サンローラン あらすじ

1953年、パリ。亡きクリスチャン・ディオールの後継者として関心を向けられるファッションデザイナー、イヴ・サンローラン(ピエール・ニネ)。

デビューを兼ねた初コレクションを成功させた彼は、21歳にしてファッション業界の天才としてあがめられる。そんなイヴとディナーで出会ったピエール・ベルジェ(ギョーム・ガリエンヌ)は、その才能に惹(ひ)かれると同時に恋をする。

ベルジュは仕事でもプライベートでもパートナーとしてイヴを支え、彼の名を冠したブランドを一緒に立ち上げてファッションの革命をもたらしていく。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき イヴ・サンローラン おすすめ映画度数 star1-2

うーん・・・なんというか、伝記映画なのでストーリーが平坦なのは仕方がないのでしょうが・・。よほどイヴ・サンローランに興味好奇心がある人がみるべき映画ですね。

指さしアイコン 『イヴ・サンローラン』を無料動画で探してみませんか?