『サウンドオブミュージック』おすすめ映画度!

監督:ロバート・ワイズ
キャスト:ジュリー・アンドリュース

リチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタイン二世の名コンビが1959年11月にブロードウエイで初演したミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』を原作とするミュージカル映画で1965年に世界的に大ヒットした。

この映画は第38回アカデミー賞で作品賞、監督賞(ロバート・ワイズ)、編集賞(ウィリアム・H・レイノルズ)、編曲賞(アーウィン・コスタル)、録音賞(ジェームズ・P・コーコランとフレッド・ハインズ)の5部門を獲得し、リチャード・ロジャースとオスカー・ハマースタイン二世の最後の作品でもあった。ウィキペディアより引用

サウンドオブミュージック あらすじ

1938年のオーストリア、院長の命により厳格なトラップ家へ家庭教師としてやって来た修道女マリア。

彼女の温かい人柄と音楽を用いた教育法で、七人の子供たちはマリアの事が好きになるが、父親であるトラップ大佐とマリアの衝突は絶え間なかった。

だが、次第に大佐に惹かれている事に気づき悩むマリア。やがて大佐の再婚話が持ち上がり彼女は傷心のまま修道院に戻るのだが……。allcinema ONLINEより引用

管理人@つぶやき サウンドオブミュージック おすすめ映画度数 star1-4

一度は耳にしたことのある曲がわんさか、名作中の名作です。ミュージカルが好きな人はもとより、ミュージカルが嫌いではないという人には一度は見てほしいイチオシ作品です。

2015年のアカデミー賞授賞式の余興でレディーガガが劇中最初に歌われる曲を歌いました。そこにスペシャルゲストとしてジュリー・アンドリュースが登場するというサプライズがありファンとしてはたまらなかったですね。

指さしアイコン 『サウンドオブミュージック』を無料動画で探してみませんか?