『デスノート the Last name』おすすめ邦画度!

監督:金子修介
出演:藤原竜也 松山ケンイチ

「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートするやいなや、ショッキングなストーリーが話題となった大人気コミックの映画化第2作。

前編として公開された第1作のラストから続く後編では、書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノート“デスノート”を所有する天才青年、夜神月(やがみライト)と、彼を追うもう1人の天才、L(エル)との対決が繰り広げられる。監督は前作に引き続き、金子修介が担当。原作にはない、衝撃のクライマックスは必見。シネマトゥデイ より引用

デスノート the Last name あらすじ

死神のリュークが落とした“デスノート”を手にし、殺人鬼キラとして凶悪犯を抹殺してきた夜神月(藤原竜也)。

恋人が死んだ事件をきっかけに、キラ事件の捜査本部に入り込んだ彼は、キラ事件を解明するためにインターポールが送り込んできた天才青年L(松山ケンイチ)と壮絶な頭脳戦を繰り広げることになる。シネマトゥデイ より引用

管理人@つぶやき デスノート the Last name おすすめ邦画度数 st3

松山ケンイチがブレイクするきっかけになった映画。面白かったですね。このあと作られたスピンオフ作品L change the WorLdもあわせておすすめします。

指さしアイコン 『デスノート the Last name』を無料動画で探してみませんか?