『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』おすすめ映画度!

監督:フィリダ・ロイド 脚本:アビ・モーガン
キャスト:メリル・ストリープ

イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーを、『クレイマー、クレイマー』『プラダを着た悪魔』のメリル・ストリープが演じる人間ドラマ。1979年の就任以来、強気の姿勢でイギリスを導いて“鉄の女”と称されたサッチャーの誰もが知る姿と、その裏に隠された孤独な一面を繊細に描き出す。監督は、『マンマ・ミーア!』でメリルと組んだフィリダ・ロイド。サッチャーの夫を、『アイリス』や『ハリー・ポッター』シリーズのジム・ブロードベントが演じる。ハリウッドを代表する演技派女優、メリルの渾身(こんしん)の演技が見どころだ。シネマトゥデイより引用

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 あらすじ

1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)が女性初のイギリス首相となる。“鉄の女”の異名を取るサッチャーは、財政赤字を解決し、フォークランド紛争に勝利し、国民から絶大なる支持を得ていた。しかし、彼女には誰にも見せていない孤独な別の顔があった。。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 おすすめ映画度数 star1-2

うーん・・・・なんか中途半端に思えた。回想シーンをはさみはさみなんだけど、そのせいかなんだかわかりづらい。ただし!メリル・ストリープの演技は圧巻。彼女の演技をみたければ見る価値はありますね。

指さしアイコン 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を無料動画で探してみませんか?

こんな記事もどうぞ