『ST 赤と白の捜査ファイル』おすすめ邦画度!

監督:佐藤東弥
キャスト:藤原竜也 岡田将生

今野敏の小説「ST 警視庁科学特捜班」シリーズを基にしたテレビドラマの劇場版。個性あふれるメンバーが集う警視庁科学特捜班が、殺人容疑者となって逃亡するリーダーを追跡しつつ、事件の思わぬ真実を暴き出す。

監督は、テレビ版も手掛けた『ガッチャマン』などの佐藤東弥。『DEATH NOTE デスノート』シリーズなどの藤原竜也、『アントキノイノチ』などの岡田将生のオリジナルキャストに加え、ユースケ・サンタマリア、安達祐実らも出演する。

スリリングなタッチはもちろん、捜査員たちの絆を見つめたドラマも見もの。シネマトゥデイより引用

ST 赤と白の捜査ファイル あらすじ

ある囚人の脱獄を画策したハッカー楠木(ユースケ・サンタマリア)の焼死体が見つかり、彼を殺したとして警視庁科学特捜班リーダーである赤城(藤原竜也)が逮捕。

それを受けて特捜班は解散するも、拘置所から脱走した赤城を追うために百合根(岡田将生)をはじめとするメンバーが集められる。

赤城は無罪だと信じて捜査にあたる百合根は、事件とフギンというコンピューターウイルスの関連に着目。同ウイルスについて知る女・堂島菜緒美(安達祐実)のもとへと向かうが、彼女は何者かにさらわれてしまう。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき ST 赤と白の捜査ファイル おすすめ邦画度数 st3

スペシャルドラマ⇒連続ドラマ⇒映画という流れで展開されました。全部それぞれのキャラクターがたっていて、鑑賞後はどれも爽快な気分にさせてもらえます。

面白かったので、続編ありなんじゃないですかね、たぶん。

指さしアイコン 『ST 赤と白の捜査ファイル』を無料動画で探してみませんか?