『セカンドバージン』おすすめ邦画度!

監督:黒崎博 脚本:大石静 
キャスト:鈴木京香 長谷川博己 深田恭子

2011年9月23日に全国松竹系で公開。ドラマの続編であり、ドラマから5年後のマレーシアの首都クアラルンプールを舞台にドラマでは描かれなかった衝撃の事実が新たに描かれる。【ウィキペディアより】

セカンドバージン  あらすじ

不倫の末にさまざまな試練を乗り越え、一緒に暮らし始めた中村るい(鈴木京香)と17歳年下の鈴木行(長谷川博己)だったが、ある日突然、行はるいの前から姿を消す。5年後、出張先のマレーシアで再会をするものの、行は彼女の目前で撃たれてしまう。やがて行の妻万理江(深田恭子)もマレーシアへやって来て……。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき セカンドバージン おすすめ邦画度数 star1-2

脚本が大石静っていうことでNHKの連ドラから動画で視聴してました。話題になっただけあってドラマはそれなりに面白かった。ただ、映画の感想ってなると、「これ、ドラマを見てなかった人だと辛いわな」ってな感じです。映画なんだからもうちょっと凝って欲しかったよなっていうのもありますけど。なので観たい方はドラマから見るべし!

指さしアイコン 『セカンドバージン』を無料動画で探してみませんか?

コメントを残す