『リアリティー』おすすめ映画度!

監督:マッテオ・ガローネ
キャスト:アニエッロ・アレーナ

マッテオ・ガローネ監督による2012年のイタリア・フランスのドラマ映画(英語版)である。リアリティ番組に出演し、徐々に夢と現実の区別がつかなくなる男が描かれる。第65回カンヌ国際映画祭で上映され、グランプリを獲得した。ウィキペディアより引用

リアリティー あらすじ

ナポリで鮮魚商を営むルチャーノ。明るく陽気な性格で人を楽しませることが大好きな彼は、素人たちが出演するTVの人気リアリティー番組のオーディションを受けてみるよう、家族から勧められる。

これに受かって毎週TVに出たら、お父さんもスターになること間違いなし、と言われてすっかりその気になり、カメラテストを受けたルチャーノは、以後、TV局からの連絡を待ちわびるうち、次第に夢と現実の区別がつかなくなっていく。WOWOWより引用

管理人@つぶやき リアリティー おすすめ邦画度数 st3

特別面白いってわけではないんだけど、思い込みと現実感の境界線がなくなっていく様はなにもこの映画の主人公に限ったことではなく、だれにでも起こりうる、あるいは誰もかれも自覚がないだけで、少なからずこういった面を持っているんじゃないかってそんな恐怖をおもわせてくれる映画だった。

指さしアイコン 『リアリティー』を無料動画で探してみませんか?