『小野寺の弟・小野寺の姉』おすすめ邦画度!

監督:西田征史
出演:向井理 片桐はいり

テレビドラマ「実験刑事トトリ」シリーズや『アフロ田中』などに携った脚本家・西田征史が、初監督に挑んで放つコメディードラマ。

一軒家に暮らす恋愛に消極的な弟とパワフルな姉が、誤って配達された手紙をめぐってそれぞれの恋と人生が懸かった騒動を巻き起こしていく。

2013年に上演された舞台版でも主演を務めた、数々の出演作を誇る片桐はいりとテレビドラマ「S -最後の警官-」などの向井理が主人公の姉弟を快演。

彼らの息の合った姉弟ぶりもさることながら、涙と笑いが絶妙に配分された人情味満点の物語も見どころ。シネマトゥデイ より引用

小野寺の弟・小野寺の姉 あらすじ

両親を早くに亡くしてから、離れることなく2人で一つ屋根の下で暮らしている、40歳のより子(片桐はいり)と33歳の進(向井理)の小野寺姉弟。

過去の失恋がトラウマとなって恋愛に臆病になってしまった進、こだわりが人一倍ある上に生命力が異常に強いより子と、クセのある姉弟だったがほどよい距離を保ちながら共同生活を送っていた。そんな中、彼らのもとに一通の郵便が誤配達されてくる。

その手紙をきっかけに、姉弟の恋と人生が思わぬ方向へと転がりだしていく。 シネマトゥデイ より引用

管理人@つぶやき 小野寺の弟・小野寺の姉 おすすめ映画度数 st3

姉弟役が同じキャストで舞台版が公開、その1年後に映画化されています。

どちらも作者であり監督の西田征史が手掛けていますが、話の内容は舞台と映画では異なります。

この手のほんわか映画、好きなひとは好きなはず。男子受けはしないでしょうがw

指さしアイコン 『小野寺の弟・小野寺の姉』を無料動画で探してみませんか?