『日本で一番悪い奴ら』おすすめ邦画度!

監督:白石和彌
出演:綾野剛

『凶悪』などの白石和彌監督と『新宿スワン』などの綾野剛がタッグを組んだ、日本の警察における不祥事をモチーフにした作品。

2002年に覚せい剤取締法違反容疑などで逮捕され“黒い警部”と呼ばれた北海道警察の警部の、逮捕までの26年間が描かれる。脚本は『任侠ヘルパー』などの池上純哉、音楽を『八日目の蝉』などの安川午朗が担当。

白石監督の演出と、劇中で体重を10キロ増減させ衝撃的な実話に挑んだ綾野の壮絶な演技に引き込まれる。シネマトゥデイより引用

日本で一番悪い奴ら あらすじ

柔道で鍛えた力を買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一(綾野剛)。裏社会に入り込んでS(スパイ)をつくれという、敏腕刑事・村井の助言に従い、Sを率いて「正義の味方、悪を絶つ」の信念のもと規格外の捜査に乗り出す。

こうして危険な捜査を続けていった諸星だったが……。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき 日本で一番悪い奴ら おすすめ邦画度数

ウィキペディアによると、原作は稲葉圭昭の『恥さらし 北海道警 悪徳刑事の告白』で、稲葉事件をモチーフにしているとのこと。

あんまり気持のいい話ではありませんが、綾野剛が悪に染まっていく過程が見どころ。

指さしアイコン 『日本で一番悪い奴ら』を無料動画で探してみませんか?