『猫侍 南の島へ行く』おすすめ邦画度!

監督:渡辺武
キャスト:北村一輝

こわもて浪人と白猫コンビが評判を呼んだ『猫侍』の続編。自身の運命を変えた猫を伴い家族のもとに戻った主人公が、仕官の口を求めて一路南国土佐を目指す姿を笑いを交えて描写する。

前作同様主人公を『ザ・レイド GOKUDO』などの海外作品にも積極的に参加する北村一輝が好演。浪人と猫の大冒険に目を見張る。シネマトゥデイより引用

猫侍 南の島へ行く あらすじ

元加賀藩剣術指南役の斑目久太郎(北村一輝)は江戸での浪人暮らしを切り上げ、白猫の玉之丞を連れて斑目家に戻ってくる。

彼は義母タエ(木野花)のあてこすりもどこ吹く風で、妻お静(横山めぐみ)や娘と暮らせる喜びをかみしめていた。

そんな折、タエが土佐藩に仕官するための紹介状を持ち帰り、久太郎は玉之丞と共に土佐へと向かう。シネマトゥデイより引用

管理人@つぶやき 猫侍 南の島へ行く おすすめ邦画度数 star1-2

ドラマや前作映画と比べてもくだらなさはパワーアップしています。もちろんいい意味で。玉之丞のかわいさがバージョンアップしてるので玉之丞ファンは必達でみてください。

そして気になったのが主題歌である松崎しげるの「愛のメモリー 猫侍バージョン」。これ真剣に「愛のメモリー」が好きなひとからクレームきませんかね汗

指さしアイコン 『猫侍 南の島へ行く』を無料動画で探してみませんか?